早稲田実業 野球部メンバーを一発チェック!清宮幸太郎だけじゃないぞ!

 

今回は、清宮幸太郎でもお馴染みの早稲田実業高校の野球部の、2015年夏の戦力分析をすてみたいと思います(^^)!

 

早稲田実業は、創部1905年。

1915年の第一回中等学校優勝野球大会(今の夏の甲子園の第1回大会)にも出場した歴史ある名門校です。

 

過去には、世界の王こと、王貞治氏。

大ちゃんフィーバーを巻き起こした、元ヤクルトスワローズの荒木大輔氏。

ハンカチ王子の愛称とは裏腹に、田中将大擁する駒大苫小牧を激闘を制して全国優勝した、現・日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手など、スターを数多く排出していますね。

 

そして、今年の清宮フィーバーで見事100年目の甲子園への出場を果たしました。

 

今年の野球部のメンバーは清宮君以外に誰がいるの?

攻めのリーム?守りのチーム?

 

など、早稲田実業野球部のメンバーのチェックと、戦力分析をしてみました!

 

 

スポンサーリンク


早稲田実業高校野球部のメンバーは?

【早稲田実業高校野球部概要】


学校創立 1901年

野球部創立 1905年

 

主な卒業生
  • 王貞治(福岡ソフトバンク球団会長)
  • 荒川博(元・巨人コーチ)
  • 大矢明彦(元・横浜ベイスターズ監督)
  • 荒木大輔(元・ヤクルトスワローズ投手)
  • 石井丈裕(元・西武ライオンズ投手)
  • 斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ投手)

【甲子園通算成績】


■通算勝敗数 61勝46敗2分

●春出場 20回 22勝19負1分

優勝・・・・・1回 (1957年)
準優勝・・・・1回 (1924年)
ベスト4・・・1回
ベスト8・・・7回

●夏出場 28回 39勝27敗1分

優勝・・・・・1回(2006年)
準優勝・・・・2回(1925年、1980年)
ベスト4・・・2回
ベスト8・・・9回


【早稲田実業高校野球部ベンチ入りメンバー一覧】

・監督
和泉 実

・責任教師
國定 貴之

選手名背番号投打ポジション学年打率
(夏・西東京大会)
松本皓1右右.182
加藤雅樹2右左.368
清宮幸太郎3右左.500
富田直希
4右左.435
山田淳平5右左.619
金子銀佑6右右.400
田口喜将7左左.067
渡辺大地8右右.200
玉川遼9右右.294
上條哲聖10左左1.000
宮崎廉太11右右打席無し
佐藤純平12右右1.000
和田千春13左左.000
菊池恒太14右左打席無し
今井武15左左.000
吉村優16右右打席無し
吉野星吾17右左.000
服部雅生18右右.348

 

早稲田実業高校野球部の戦力分析!

今年の早稲田実業は、”つながる強力打線”が持ち味。

夏の西東京大会では、ホームランこそ0本でしたが、全試合トータルで50得点をたたき出し、チーム打率も.348と高打率です。

 

打線の中心になるのは、”和製ベーブ・ルース”こと怪物一年生・清宮幸太郎

 

一年生ながら、その才能は超高校級。

入学から、わずか4ヶ月の間に放ったホームランは既に13本!

西東京大会では、ホームランこそありませんでしたが、打率は.500!打点はチームトップの10打点をマークしています。

 

また、4番に座る主将で強肩捕手の加藤雅樹も要注意。

打率は.348と清宮よりは低いものの、広角に打てる技術をもったバッター。本塁打よりも”つなぎ”に徹する怖い存在。

清宮の好成績は、後に4番の加藤がいるからという部分も少なからずあります。

 

また、中軸の前にチャンスを作る1,2番コンビも強力。

一番の山田は打率が.619の高打率!さらに、2番の玉川は打率こそ.294ですが、犠打が9つといい仕事をします。

クリーンナップの打点が高いのもうなずけます。

 

甲子園では、清宮・加藤のホームランにも期待です!

 

投手陣は、最大で6人の継投が可能な分厚い布陣。

春、夏のと大会では、しばしば打ち込まれる場面も見られましたが、継投策も上手く機能し、強力打線のリードを守ります。

 

エースの松本は、多彩な変化球が持ち味で、準決勝の日大三高戦では完封!安定感が徐々に増してきています。

また、投手陣の中でも、背番号10の上條も5試合に登板し、安定した救援を見せており、この2人が早稲田実業の躍進のカギを握ります!

 

100年めの節目のこの年に、優勝旗を手にする事はできるか?

要注目です!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ