東京都心から近い紅葉スポット!高尾山の2014年の見頃はいつ?

今回は、東京都心からもアクセスが抜群で

毎年大人気の紅葉スポット、

 

高尾山についてご紹介します。

 

高尾山のメリットはやはり、都心から

電車で短時間で行けるという点ですね(^^)

 

紅葉

 

駅から徒歩5分という立地も素晴らしい限り。

混雑こそしますが、電車で行ければ時間が

正確ですから、計画も立てやすいですよね。

 

昼間は高尾山で紅葉を楽しんで、夜は新宿で

おいしいディナーなんていうプランも立てられますからね!

 

それでは、今回は高尾山での紅葉の

 

見頃・見どころ・アクセス

 

についてまとめてみました(^^)

スポンサーリンク


高尾山の紅葉の見頃はいつ?

高尾山の紅葉の見頃は例年

11月中旬から12月上旬となっています。

 

高尾山は都心から近い事もあって一年中

にぎわっていますが、紅葉シーズンは平日でも

大変混雑しています。

 

紅葉シーズンは、やはり早目の時間に行動するのが

良いですよ(^^)

 

高尾山の紅葉の見どころは?

高尾山の紅葉の楽しみ方といえばやはり

ハイキングしながらが最高です(^^)

 

高尾山は平成19年に富士山と並んでミシュランの三ツ星に

指定された景色の素晴らしい山です(^O^)/

 

富士山にはそうそう簡単には登れませんが、

高尾山は標高が599mと低いので

 

「気軽に登れる日本一の山」です!!

 

高尾山標識

 

高尾山は登山コースが基本6コースあり、行程も

900m程度から4km弱と様々です。

 

その中でも一番に人気は、1号路(表参道コース)です。

全長は3.8kmで、1時間半程度で高尾山山頂まで登れます。

 



 

途中にはトイレ8箇所、茶屋(休憩施設)3箇所も設置されているので

一時間半以上かけ、無理しないでゆっくり自分のペースで登ることもできます。

高尾山の登山コース→高尾山公式ホームページ

 

ケーブルーカーやリフトを利用する際は早めに行こう!

高尾山は、ケーブルカーやリフトを使うと高尾山の中腹まで

一気に登れるので利用者も多いです。

 

高尾山ケーブルカー

 

これは、紅葉シーズンも同様で混んでいるとリフトに乗るまでに

1時間待ちといったこともしばしばあります。

 

これでは、歩いて登ったほうが早いということにもなりかねません(^_^;)

 

ですから、ケーブルカーやリフトを利用するのであれば、

その始発時間に合わせて行くほうがいいですよ(^^)

 運賃片道
(大人/子供)
往復運賃
(大人/子供)
始発
ケーブルカー480円/240円930円/460円8:00
リフト480円/240円930円/460円9:00

 

高尾山もみじまつりも忘れずに(^^)

高尾山では11月1日〜末日まで高尾山もみじまつり

開催されています!

 

土日・祝日は東京こけしの実演や、名物のマス酒などの

イベントが開催されますので立ち寄ってみてください!

こけし

 

アクセスについて

高尾山は東京都八王子市にあります。

新宿から電車で1時間程度でやってこれるので、

ふと思いついたら言ってしまおうといったことだって

出来てしまいます。



 

電車で

新宿〜京王線〜高尾山口駅 (最短47分)

 

*新宿からはJR中央線で行くことも出来ますが、高尾駅で

京王線に乗り換える必要があるので、一本で行ける京王線が

絶対お勧めです!!

 

車で

中央自動車道八王子IC〜国道16号〜国道20号を垂水峠方面へ

 

アクセスについて詳しくは→高尾山公式ホームページ

 

最後に

高尾山に行くなら、やはり電車がベストです。

車で東京を横断するようなルートを取ると、

首都高はもちろん一般道もつねに混雑しています

ので、都心を離れ郊外に出向くよりも都内を走るほうが

運転は疲れてしまいます。

 

東京の道は走り慣れていないとかなり神経をすり減らします(^_^;)

 

わたしは、基本的に車で行動しますが、東京だけは

電車で行きます。電車のほうが楽なように整備されていると

言っても過言ではありません。

 

駐車場代もバカになりませんからね(汗)

 

【関連記事】

東京・関東近郊の紅葉!見ないとソンな紅葉の名所総まとめ!

2014年の紅葉!関西の人気スポットと見頃の時期は?

養老渓谷の紅葉 2014年の見頃はいつ?見どころもまとめて紹介!

袋田の滝の紅葉 2014年の見頃はいつ?ライトアップもキレイ!

いろは坂の紅葉は平日が吉!2014年の見頃と渋滞回避方法

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ