夏バテに効く食べ物をランキングで紹介!1位はやっぱりアレ!

夏バテになってダウンしないためには、食事からしっかりと栄養を取ることが大切です。

 

夏は、暑さに負けて体の調子が悪くなってしまい食欲が低下しやすいです。

食欲が低下してしまうと、体にとって必要な栄養素が不足してしまうので、頭痛、腹痛、体の倦怠感など様々な不調に見舞われることになります。

 

夏バテを防ぐために、おすすめの食べ物をランキングでまとめました!

 

スポンサーリンク


夏バテに食べると良い食材ランキング

「第5位」梅干し

梅干しは、クエン酸が豊富に含まれている食材です。

クエン酸とは、疲労物質をエネルギーに変えてくれる働きを持ちます。

つまり、暑さでやられている体の疲れを回復さえる効果に優れています。

 

代謝を整えて、暑さに負けにくい体つくりには欠かせない食材です。

 

酸っぱいので、好き嫌いもあるとおもいますが、1日に1粒から3粒程度を目安に食べるようにしましょう!

 

食べ過ぎても、夏バテに強くなることはないです。

適度に毎日しっかりと食べることが大切なのです。

 

梅干し

 

「第4位」スイカ

夏の定番スイカです。

スイカには水分が大量に含まれています。

 

スイカの90%は水分だと言われているほどです。

夏は汗をかくので、しっかりと水分補給していても体は水分不足になっていることがあります。

 

スイカを食べることで、効率よく水分を体へ取り入れることができます。

スイカは1日にどれだけ食べても体に害はありませんが、食べ過ぎてお腹を壊してしまう場合もあります。

美味しいですが、食べ過ぎには注意しましょう(^_^;)

 

スイカ 

 

「第3位」オレンジ

オレンジには、豊富なビタミンCがふくまれています。

ビタミンCは、ストレス解消に効果的です。

 

夏は、ストレスが溜まりやすい季節です。

自律神経のバランスを崩して体調不良になる人も多いです。

 

ビタミンCは、自律神経のバランスを整える効果がありますので、人間のストレス対策におすすめです。

 

夏は胃腸の活動が鈍ることが多くなります。

意識してフルーツを食べるようにしましょう。

 

おすすめとしては、朝と夜にしっかりと食べることです。

朝にフルーツを食べると1日の栄養補給ができますよね。

 

そして、夜に食べれば体の調子を整えて明日に備えることができます。

 

オレンジ

 

「第2位」豚肉

第2位は豚肉です。豚肉にはビタミンBが豊富に含まれております。

ビタミンCは有名ですが、ビタミンBについて詳しく知っている人は少ないですよね。

 

ビタミンBには、疲労回復効果があります。

牛肉や鶏肉には、あまり含まれていないので、夏にお肉を食べるときには、豚肉がおすすめです。

 

学校の疲れや、仕事の疲れを回復させるためにはおすすめです。

夏は冷しゃぶなどで、豚肉を食べてビタミンBを摂取しましょう。

 

豚肉

 

「第1位」うなぎ

うなぎは、ビタミンCやビタミンBビタミンD、が豊富です。

食材の中でもダントツで栄養価が高いのです。

 

ただし、毎日食べられないという点がマイナスですね・・・

 

うなぎ

 

ですが、毎日食べなくても疲れているとき食欲が落ちてきた時に、食べることで、体の調子が一気に回復することがあります。

*夏バテが酷い時は、脂っこいので、身体が受け付けない時もあるのでご注意を(汗)

 

それほど栄養食としては優れているので、毎日は難しくても1週間に一度はたべたいところ(^_^;)

 

うなぎは鉄分も多く含まれているので、貧血気味の女子にもおすすめです。

 

鉄分はサプリメントからでも吸収することはできますが、天然の食材から摂取できる栄養価の質と比べると落ちると言われます。

ですので、しっかりと食材から栄養素を取るようにしましょう。

 

サプリメントに頼りすぎていると、どうしても栄養価が崩れてしまうので注意してください。

 

最後に

以上が、夏バテに効く食べ物ランキングでした。

これらの食材を夏に意識して食べることで夏バテを予防することができます。

仕事が忙しくなったときほど、栄養バランスの崩れた食事になりがちですが、しっかりと夏を乗り切るためには、献立をきちんと考えて料理をつくるようにしましょう。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ