夏バテ対策には”梅干し”を食べるといい理由

夏バテ対策には「スタミナをつけろ!」とか

「うなぎでしょ!」とか「食べたくなくても食べなきゃダメ!」

などと色々言われますよね(^_^;)?

 

私も同じようなことを言われてきました。

 

しかし、子供の頃私の祖母は

 

「梅干しだけは食べろ!」

 

と梅干し以上に口酸っぱく私に言っていました(^_^;)

 

でもそれには先日の麦茶と同じようにやはり

先人の知恵があったのです!

 

そこで、今回は「夏バテに梅干しが効く理由」

まとめました(^^)

スポンサーリンク


梅干しに含まれるクエン酸に効果あり!

梅干しは酸っぱさが体にいいんです(^^)

 

梅干しの酸っぱさは「クエン酸」という物質によるもの

なんです。これは、梅を干す前から含まれているのですが、

干すことで梅干しの成分が濃縮されることで酸っぱさも際立って

くるんです。

 

さて、このクエン酸は過去にちょっとしたブームになったことも

あるんですが、その効果はいいことだらけです。

 

代表的なものとしてはこの3つです。

 
  • 疲労回復
  • 食欲増進
  • ミネラル吸収促進
 

梅干し

 

1.疲労回復

クエン酸には疲労のの原因物質である「乳酸」を

分解し体外に排出する効果があります。

 

2.食欲増進

酸っぱい梅干しを食べると口の中は唾液でいっぱいに

なりますよね?

 

これによって、夏バテで弱っていた胃の活動が活発になり

食欲が湧いてきます!

 

3.ミネラル吸収促進

クエン酸はミネラルなどの栄養素が身体に吸収されるのを

助ける働きを持っています。

 

梅干しなら夏場に汗といっしょに出て行ってしまう塩分の補給もできますし、

食事で取り込んだ糖質や脂質、ビタミンなどを上手くエネルギーに

変えて身体に補充してくれるんです!

 

この3つの効果だけを見ても「梅干し」を食べることのメリット

がお分かりいただけるんじゃないでしょうか?

 

梅干しを食べる→酸っぱくてつばがたくさん出る→胃が活発化する

→食欲がでてご飯をしっかり食べられる。

→クエン酸が食事で摂取した栄養を上手に身体に取り込んでくれる。

 

こんな流れですね!

 

梅干しだけじゃない!クエン酸を含んでいる食べ物。

ここまで梅干しについてのお話でしたが、梅干し以外にも

クエン酸を含む食材はあります。

 

梅干し以外も効果的に食事や飲み物に取り入れれば

”夏バテ知らず”も夢ではありませんよ(^O^)/

 

【クエン酸を含む食品や食材】
・レモン
・お酢
・グレープフルーツやみかん
・パイナップル
・キウイ
・アセロラ

 

梅干しの他にもこれだけの物があります。

夏の食事には、酢の物などを一品そえるのも

効果的ですね(^O^)!

 

また、クエン酸は果物に含まれる場合が多いので

食後のデザートにはクエン酸を含むフルーツ

食べるのもいいですね!

 

レモン

 

 

また、スポーツをする人は「粉末のクエン酸」なども

ドラッグストア等で売っていますのでドリンクに混ぜて

摂取するのもアリです!

 

管理人はグレープフルーツが大好きです!

さっぱり爽やかな酸味と程よい甘みがたまりません(^^)

 

まとめ

以上が「梅干しが夏バテに効く理由」でした。

梅干しは日本古来の食べ物です。

 

昔はクエン酸だとかミネラルなんかは知らなかった

わけですよね?

 

でも、知らず知らずのうちに身体にいいものを

作ったり食べたりしていたわけです(^^)!

 

はっきり言ってなんでそんなことができていたのか

不思議で仕方がありません。

 

先人の知恵は偉大ですね\(^O^)/

 

それでは、今回は以上です!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ