端午の節句に虎を飾る意味!関西でお馴染みの張子の虎とは?

端午の節句の風習は、関東・関西では少し違いがあります。

例えば、「端午の節句に食べるもの!」と言えば、関東では「柏餅」ですが、関西では「ちまき」となります。

 

どちらが本当、どちらが間違い、というものではありませんので、それぞれの”風習”として捉えれば良いのですが、端午の節句にまつわる風習には、もう1つ、関東と関西で大きく異なることがあります。

 

それが「虎」です。張子の虎(はりこのとら)と呼ばれるものです。

 

スポンサーリンク



私は生まれて関東でしか過ごしたことがないもので、端午の節句に「虎」を飾る風習は大人になって初めて知りました。

飾る”張子の虎”(はりこのとら)とは、首の動く虎のおもちゃのこと。

 

そう言われると、関東の人も、何となく「あれかな?」をイメージが付くのではないでしょうか?

 

端午の節句に虎?張子の虎を飾る意味

端午の節句の起源は、中国にあります。

中国から日本に入り、日本で独自の文化に少しずつ変わりました。

が、根本のところは中国に由来している風習がほとんどです。

関西で端午の節句に食べられる「ちまき」も、元々は中国に由来していて、この「張子の虎」を飾る風習も、また、中国に由来しています。

 

虎は神聖な存在!崇められていた象徴

「龍虎」(りゅうこ)のことばがあるように、中国では昔から、「虎」を神のように崇める文化がありました。

日本のふすまや、掛け軸、さまざまな昔のものに虎が描かれているのも、そういったところから来ているものです。

 

虎は、魔除け、厄除け、守り神として日本でも神聖な存在として受け入れられました。

そのため、今でも端午の節句に虎を飾る風習が残っているのです。

トラ

また、なぜ、関西圏の風習になっているのかというと、端午の節句が中国から伝わった頃はまだ、西に都があったためです。

端午の節句が広まったのも、奈良時代のことなんだそうですよ。

奈良時代は日本の首都(みやこ)は、平城京(奈良県)っだったので、関西中心に広がるのも納得ですね(^^)

 

薬としても使われていた「虎」

虎頭殺鬼黄円(ことうさっきおうえん)って聞いたことがありますか?

 

なんかの呪文??

誰の必殺技??

 

というくらい、難しいことばが並んでいますが、これは、虎の頭蓋骨から出来た薬の名前です。

かつてコレラが流行った時に、この薬が効いたのだそうです。

流行った場所も、現在の大阪。そういったところからも、関西では虎を飾る習慣が根強くあるのです。

 

張子の虎を飾る意味

張子の虎

今の日本にて、張子の虎を飾る意味は、大きく分けて3つです。

 

1つ目は、「無病息災」です。

人々をコレラから救った虎の薬にちなんで、無病息災の意があります。

 

2つ目は、「子供の成長」です。

ご存知の通り、虎は強く、たくましい動物です。

その虎のように、男の子が強くたくましく生きていけるようにとの、願いが込められています。

 

3つ目は、「厄除け・魔除け」です。

神聖な存在とされる虎は、昔から厄除け・魔除けに良いとされています。

日本の端午の節句に虎を飾るのも、家やそこに住む家族の厄除け・魔除けの意味があります。

 

関東ではあまり馴染みのない風習ではありますが、関西では、家の中に飾る”内飾り”として、張子の虎も、鎧兜や、五月人形とともに飾っています。

 

しかし、張子の虎は、5月の端午の節句に特化したものではないので、一年中飾っているという家も多いようです。

5月人形のように、端午の節句が過ぎても、すぐしまわなくてもいいので、家の守り神として飾ってある場合も多いです。

 

端午の節句は主に”初節句”のお祝いでもありますが、五月人形や、鎧兜こいのぼり、張子の虎には、それぞれ意味があるので、初節句だけに関わらず、ぜひ毎年飾ってあげましょう!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ