2014年夏の甲子園 優勝予想!【第96回全国高校野球選手権大会】

さてさて、今回は2014年夏の甲子園(第96回全国高校野球選手権大会)

の出場校が出揃ったということで勝手に優勝予想です!

 

甲子園全景

 

もちろん、勝独断と偏見だけではなく

各地区の代表校の地方大会の戦いぶりや

過去の戦績を踏まえて分析しちゃいます!

 

龍谷大平安の春夏連覇があるのか?

それとも新しい旋風が巻き起こるのか?

 

2014夏の甲子園優勝候補ベスト5

ガチンコ優勝候補
 出場校都道府県夏の甲子園
出場回数
2013秋季大会2014選抜
2014春季大会ポイント
1位龍谷大平安京都33回目
(2年ぶり)
近畿大会優勝 
府大会優勝
優勝近畿大会ベスト4 
府大会優勝
春のセンバツ優勝校
現在のチームになってから京都・近畿では抜群の強さ!
2位沖縄尚学沖縄7回目
(2年連続)
九州大会優勝ベスト8
九州大会優勝 
県大会準優勝
エース山城を中心とした安定感のあるチーム。
県のみならず九州大会でも安定した強さの戦いぶりに期待。
3位大阪桐蔭大阪8回目
(3年連続)
府大会4回戦出場なし近畿大会優勝 
府大会優勝
大阪大会決勝PLが監督不在とはいえ圧倒的勝利。
4位明徳義塾高知16回目
(5年連続)
四国大会ベスト4
県大会優勝
ベスト8四国大会優勝 
県大会優勝
選抜ベスト8。
四国では敵なしの甲子園も常連校。
経験を活かした戦いができれば可能性は十分!
5位東海大相模神奈川9回目
(4年ぶり)
県大会ベスト4出場なし県大会準優勝
関東大会1回戦
激戦の神奈川を制した力は本物。
県大会以上の戦いでの成績があと一歩か?
順位こそ付けてみましたがぶっちゃけ

どこが優勝してもおかしくないです!

 

龍谷大平安には「8校目の春夏連覇」を

達成して欲しいという期待も込めていますので(^^)

 

とは言え甲子園には魔物がいますから一筋縄ではいきません。

 

石川県大会の決勝の星稜対小松大谷の試合でもすでに魔物が

おお仕事をていましたもんね(^_^;)

「県大会なのに仕事し過ぎだろう!」と個人的には

魔物に対してクレームがありますけど(笑)

 

ですが、やはり甲子園で勝ち進むには「信頼と実績」

のようなものもかなり大きく関わっていますよね。

 

出場回数が多ければ「戦い慣れ」もありますし、監督の采配力も

物を言います。

 

時には甲子園常連校に初出場チームが雰囲気に飲まれてしまい

一方的な試合になったりということも度々あります。

 

今回の優勝候補TOP5は甲子園の出場回数過去一年間の

試合結果などを踏まえて独断と偏見で選びました。

 

母校がなくても怒らないでください(*_*)

 

私の母校は影も形もありませんので・・・

 

2014夏の甲子園ダークホースは?

ダークホース5校
出場校都道府県夏の甲子園
出場回数
2013秋2014選抜2014春ポイント
九州国際大付属福岡5回目
(4年ぶり)
九州大会2回戦 
県大会優勝
出場なし県大会2回戦プロ注目の清水を
筆頭に福岡大会では
圧倒的な強さを発揮!
高崎健大高崎群馬2回目
(3年ぶり)
関東大会ベスト8 
県大会優勝
出場なし県大会ベスト4桐生一高や前橋育英
といった強豪を破っての出場。
強打者脇本や継投戦略で短期決戦を有利にすすめられれば
智弁学園奈良17回目
(3年ぶり)
近畿大会ベスト8
 県優勝
2回戦近畿大会1回戦
県大会優勝
甲子園常連の経験を
活かし、強豪相手に粘り強い試合ができるかが見もの!
東邦愛知16回目
(6年ぶり)
東海大会2回戦 
県大会優勝
出場なし県大会ベスト4大阪桐蔭も撃破する強力な打撃が魅力!一年生エース藤崎を
盛り立てて甲子園でも勝ち上がれるか?
日本文理新潟8回目
(2年連続)
北信越大会優勝
県大会優勝
1回戦北信越大会優勝
県大会優勝
2009年には新潟勢初の甲子園決勝進出を果たした北陸の強豪。地方大会では敵なし!悲願の新潟勢初優勝なるか?
ダークホースにももちろん注目ですよ〜!

 

ダークホースの選出基準は・・・・

やっぱり「信頼と実績です」(笑)

 

初出場校や久々に甲子園の切符を手にした高校にも

もちろん頑張って欲しいんです!

 

ですが「戦いとは非情」です・・・

 

統計的にも初出場で優勝した高校というのは

過去の歴史の中でも春夏合わせても9校しか

ありません。

 

甲子園は春夏合わせると2014年夏で182回の歴史

がありますが、その中でわずか9校。

 

円陣

 

達成されれば快挙であり、ドラマチックなんですが、

結構ガチンコで予想すると難しい物があります(T_T)

 

まとめ

ぶっちゃけ「全部の出場校に頑張って欲しい!」

というのが管理人の本音です!

 

管理人もかつて高校球児でしたが、甲子園には程遠い

万年1回戦負けの高校でした・・・

 

そんな中全国の球児の頂点を極める大会に出場できるんです!

 

選手のみなさんにはぜひ全力で悔いのないように頑張きて

欲しいです!

 

「頑張れ」と言われなくても120%で頑張っているのが

高校野球です!

 

みなさん熱い思いをテレビの前から!甲子園のスタンドから!

送って応援しましょう\(^O^)/

 

【関連記事】

2014年夏の甲子園日程は?出場校と注目選手も最終チェック!

横浜高校を春夏連覇へ導いた松坂大輔の凄さ!甲子園名選手列伝!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ