横浜高校を春夏連覇へ導いた松坂大輔の凄さ!甲子園名選手列伝!

甲子園と聞くと「松坂大輔」を思い出さずには

いられない私です。

 

自分自身が松坂世代ではないものの同じ時期に高校球児

として野球をやっていたのもありますが、松坂フィーバー

の記憶は忘れられません。

 

松坂

 

 

私は、未だに松坂を超える高校球児は出てきていないと

すら思ってしまいます。

 

そこで今回は、改めて松坂選手の凄さをまとめて見ました!

 

振り返るとあの頃の記憶が蘇りあなたも興奮するかも(^^)!

 

そして、今年の夏の甲子園に「松坂越え」が現れるかも見どころ

として楽しめるんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク


平成の怪物・松坂大輔の高校時代の成績は?

公式戦

【投手成績】

59登板 防御率1.12 34完投 13完封 40勝 1敗 379回 423奪三振 奪三振率10.04

【甲子園通算】

11登板 防御率0.78 10完投 6完封 11勝 0敗 99回 奪三振97

参考サイト:NAVERまとめ

 

高校通算1敗・・・

意味がわかりません。すごすぎますよね。

そして甲子園では当然ながら無敗です。

さらに、球速は高校生で150㎞/hを超えていましたしね・・・

 

それだけでも十分注目されるんですが、何よりも

 

「負けない」

 

ことが凄い所ですよね。

 

実際、松坂選手よりも球の速い投手はこれまでに

何人も出ていますが、なかなか松坂選手の記録には

手が届いていません。

 

98年夏の甲子園では準々決勝のPL学園戦でPLのエース上重聡と激闘を

繰り広げ、延長17回を松坂選手一人で250球投げきるという人間離れした試合で

日本中を熱狂の渦に巻き込みました。

 

この試合は後に何度もテレビで特集が組まれたほどです。

 

そしてその後の決勝・京都成章戦では

 

決勝・ノーヒットノーラン

 

という春夏連覇にさらなる偉業を重ねて達成しています。

 

決勝ノーヒットノーランは当時でも59年ぶりという偉業中の偉業

だったんです!

 

ちなみにこの松坂世代の横浜高校は97年秋季大会から98年甲子園春夏連覇後に

国体を制するまで公式戦に無敗。

 

44連勝という大記録

 

を打ち立てています!

今後もしばらくは破られそうな記録ではありません。

 

エース松坂も含め「横浜高校」自体が超高校級だったわけです!

 



 

 

練習嫌い「サボりのマツ」

さて、みなさんが知っている「横浜高校のエース 松坂大輔」は超高校級の

平成の怪物だと思います。

ですが、実は練習嫌いで「サボりのマツ」と呼べれていたことが

あったことをご存知ですか(^_^;)?

 

松坂2

 

松坂選手の練習嫌いは小学生の頃からだったようで

「練習中に木登りを始める」「走りこみや守備練習が嫌いだった」

などと当時の監督は語っています。

参考サイト:現代ビジネス

 

ですが、一方で「人一倍練習していた」という証言もあります。

 

この「サボりのマツ」は高校時代も言われていたそうですが、

この頃の「サボり」はただのサボりとは一味違うようです。

練習に関して松坂選手は自ら課題を持って取り組み「練習に強弱をつけていた」

と言われています。監督やコーチの前でもその姿勢が変わらなかったことから

「サボっている」と取られる事もあったようです。

 

実際どうだったのかは、本人しかわからないですけどね(汗)

 

ですが、高校二年生の夏の県予選で、松坂選手の暴投でサヨナラ負け

をしてしまったという転機が訪れます。

 

自分のせいで先輩の夏を終わらせてしまったことに責任を感じ

その後は、「鬼のように練習」をしたそうです。

 

one for all(一人は全員のために)

 

のスローガンを胸に松坂選手は改めてスタートを

切ったのです。

 

その結果が甲子園春夏連覇や決勝ノーヒットノーラン

という記録なんですね!

才能と努力がなければ、あれだけの偉業を成し遂げることはできない

ですよね!

 

最後に

簡単ではありましたが、松坂選手の甲子園時代の

凄さのまとめでした!松坂を超えるインパクトを

与えてくれるピッチャーは今後現れるでしょうか!?

楽しみですね!

 

【関連記事】

2014年夏の甲子園日程は?出場校と注目選手も最終チェック!

夏の甲子園は歴代優勝校の記録を知ればいつもの10倍面白い!

桑田真澄の甲子園20勝は戦後最高記録!甲子園名選手列伝!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ