バレンタインデー必勝!本命チョコレートの渡し方3つのポイント!

「バレンタインデーに本命チョコレートを渡すとき、どうしたらいい?」

 

2月14日はバレンタインデーです。日本中でチョコレートを渡しあう1日です。

大好きな男性に本命チョコレートを渡す場合はどのような場所で渡すべきか?考えれば考えるほどに、ドキドキしてしまい悩んでしまいますよね!

そのような女性のために、今回は本命チョコレートを渡す時のポイントを3つをご紹介します!

今年のバレンタインデーには、勇気を出して、ぜひ!実践してみてください!

 

スポンサーリンク


渡し方のポイントその1

会社が終わってから駐車場でこっそりと本命チョコを渡す!

 

会社や学校では、なかなかチョコレートを渡すことは恥ずかしいですよね。

万が一、他の人に好きな人がバレてしまえば恥ずかしい思いをしてしまう可能性もありますし勇気がない女性にとってはとてもじゃないですが、真似できることではないです。

 

そういう人こそ、学校や会社の帰り道、もしくは駐車場(駐輪場)で渡すべきです。

帰り際ですと、人も少なくなりますし、こっそり渡すには最高のチャンスでもあります。

なかなか勇気が出ない場合には、友人についてきてもらい渡すこともいいのではないでしょうか。

 

プレゼント

 

渡し方のポイントその2

mailやLINEで事前にチョコレートを渡したいと伝えておく

 

帰り際の駐車場や駐輪場などで、渡すこともおすすめですが勇気がでなくて、渡すことができなかった場合にはチョコレートの準備した意味がなくなってしまいます。

そこで、事前に男性へメールやLINEでチョコレートを渡したい、と伝えておけば万が一チョコレートを渡し損ねるということは絶対にありえません。

 

仕事も恋も事前準備が大切です!

 

大切に作った本命チョコレートを渡せないまま、自分で食べるなんて悲しすぎますよね。。。

 

メールをする女性

 

渡し方のポイントその3

1日遅れてチョコレートを渡す!

 

これはかなり上級テクニックです。あえて2月14日ではなく1日ずらして2月15日に渡します。

 

1日ずらして渡す理由は「男性へのサプライズ」でもあり勇気を出せなかった女性への救済措置でもあります。

 

2月14日に絶対にあわせて渡すべきことはありません。

つまり、1日遅れて渡したほうが男性からしてもインパクトは大きいです。

 

サプライズ

 

万が一、勇気が出なくて本命のチョコレートを渡せなかった場合でもなんとか次の日に渡せるのでメリットが大きいです。

 

相手に気持ちを伝えるのは、すごく勇気がいるのでもしも2月14日に失敗したとしても次の日もう一度再挑戦してみてください。

 

【関連記事】

バレンタインチョコレート!本命と義理の効果的な差の付け方!

バレンタインチョコの本命と義理の見分け方!男性必見です!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ