バレンタインチョコにメッセージカードは効果抜群!男はイチコロ!

「バレンタインデーだからといってチョコレートを贈るのはもう辞めませんか?」

 

と、言うのは過激な提案かもしれませんね(^_^;)

 

2月14日のバレンタインデーといえば、なにを連想する?と日本人に質問をするとほぼ100%の確率で「チョコレート」と答えるに違いありません。

 

ですが、チョコレートをバレンタインデーに渡す習慣があるのは日本だけです。

 

バレンタインのプレゼント

 

もう少し具体的に説明するとバレンタインという海外の習慣を日本が独自に変化しさせたのです。

菓子メーカーの企業戦略としてのチョコレートですので本来はチョコレートを贈る必要も意味もありません。

 

海外では、基本的に「メッセージカード」をプレゼントします。

日本でいうチョコレートにあたる存在です。

 

スポンサーリンク


バレンタインのほんとうの意味は「感謝を伝えること」

メッセージカードは直筆で、普段の感謝を伝えるには最高の手段ですので海外では当たり前になっているのです。

 

 

「バレンタインデーなのに感謝を伝える?」って思ったひとは日本人の証拠です(笑)

 

 

日本では、バレンタインは告白など恋人たちのものとして考えられているのですが海外では「感謝のために行うイベント」です。

 

バレンタインデーでプレゼントするメッセージカードはものすごい効果があります。

現代では、連絡手段はすべてメールもしくはラインなどのチャットアプリケーションですが直筆の手書きで贈るメッセージは重みと深みがまったくといっていいほどに違います。

 

これは、「気持ちが伝わる文章を書く必要がない」という意味でもあります。

 

メッセージカード

 

今だからこそ手書きはものすごい効果がある!

メールで一言お礼を言うさいに「ありがとう!」だけだと寂しく感じないですか?

誰が送信しても「ありがとう!」しかなりません。文字の特徴もあたたかみもないただのテキストです。

 

ですが、メッセージカードですと「効果は10倍」以上になります手書きですと「ありがとう!」だけでも嬉しくなりませんか?

 

これは普段、手書きでメッセージを貰う機会が少ないからです。メールやラインなどのコミュニケーションツールで貰うのとはわけが違ってきます。

 

ですから感情が伝わる効果も倍増するわけです。

 

手紙

 

さらに、デコレーションや色で差別化を測ってみるとさらに効果が増します。

最近は英語でメーッセージカードを作成する人も増えています!オシャレ度がアップしますからね(^^)

 

メールを保存することはなくても、メッセージカードであればずっと大切にしまっておいてもらえることは間違いありません。

 

バレンタインデーには、チョコレートにプラスしてメッセージカードをしっかりとつけることが大切です。

ちょっと恥ずかしいと思うかもしれませんよね?

 

でも、その恥ずかしさが「あなたの気持ちを込めようとしている証拠」でもあります(^^)!

 

メッセージカードは本屋さんなどで可愛いものが購入できますのでことしのバレンタインにはぜひ、試してみてはいかがですか。^^

素敵なバレンタインになるように今年は一工夫してみてはどうでしょうか(^^)!

 

【関連記事】

バレンタインにプレゼントを贈る意味は?恋愛だけじゃないんです。

バレンタインのプレゼント!チョコ以外のおすすめプレゼント4選

バレンタインのメッセージカードは英語の一言でキュンキュン!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ