自宅で行うクリスマスイルミネーションは注意するべきことが3つある

クリスマスシーズンが到来すると、街ではきらびやかなイルミネーションが設置されて街全体が明るく照らされて、見ているだけでも楽しい気分になりますよね!

 

クリスマスのイルミネーションは街など企業だけではなくて個人家庭でも気軽に楽しむことができることを知っていましたか?

 

最近は日本でも自宅をイルミネーションで飾る家が増えてきましたが決して金持ちだからできる楽しみというわけではありません(^^)

電気代なども点灯時間などをしっかり管理していればそこまで高くなることもないようです。

 

クリスマスのイルミネーションを毎年自宅に飾るという習慣は日本ではまだまだこれからですが海外だとわりと当たり前のように行われているのです。

 

日本でも気軽にイルミネーションを楽しむことができますが、何点か注意点などがあるんです(^_^;)

スポンサーリンク


自宅でイルミネーションはマナーと安全さえ守れば誰にでもできます

自宅の外観などに派手なイルミネーションを飾るのはプロの業者に依頼しなくても素人でもできるので、特別許可が必要だったり資格が必要だということはありません。

以下の注意点をしっかりと確認したうえで判断してもらえれば幸いです。

 

近所の家に迷惑が掛からない程度のイルミネーションにする

自宅の外観にクリスマスイルミネーションを飾る場合には近所周辺のお家に迷惑がかからない程度に抑えるべきです。
夜遅くまでライトを点灯させていて、睡眠を妨害してしまったりしてしまえばいくら綺麗なイルミネーションでもただの迷惑になってしまいます。

 

悩むお母さん

 

電気系統の防水を忘れては行けない

コンセントなどに防水加工をしていない場合に、雪や雨などによって漏電してしまい、火事に至るケースも考えられます。

それこそ、近所の家に火が燃え広がってしまえば最後です。

 

防水されたケーブルやコネクターはホームセンター等でも売っていますので、その辺のお金はケチらずにしっかりと準備しましょう!

 

最悪の事態を引き起こさない為にも細心の注意を払うべきです!

 

火事

 

クリスマスイルミネーションの電気料金はバカにならない

クリスマスイルミネーションを点灯させておくだけでも電気代は多くかかります。

12月は真冬ですので17時頃には暗くなってしまいます。

例えば17時から23時までクリスマスイルミネーションを点灯させた場合には7時間も電気を使用していることになります。

 

そうした場合には、バカにならない料金が発生してしまうので電気代のムダ遣いにならないためにも時間と節度を考えてご利用されることをおすすめします。

 

時間

 

近所に家が密集している地域には、23時までイルミネーションを付けておくと迷惑になる可能性がありますので、どんなに長くても21時頃(子供が寝静まる頃)までにはクリスマスイルミネーションをすべて消灯して、コンセントなどに異常がないかを点検して安全を優先させてください。

 

せっかく綺麗なイルミネーションを楽しもうと思って近所とトラブルになっては意味がありませんからね(^_^;)

どうせやるなら近所からも楽しんでもらえるようなイルミネーションにしましょう!!

 

【関連記事】

自宅のクリスマスイルミネーションは電気代いくら?知らないと大変!?

火事に注意!自宅のクリスマスイルミネーションは近所迷惑!?

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ