年賀状の印刷申し込みや作成はいつまでに?困ったらアプリで!

毎年恒例の年賀状!

以前ほどではないものの、年賀状を書く方は

まだまだ多いはず!?

 

中には「社会人になったから。」「結婚したから。」

などをきっかけに年賀状を久しぶりに書こうと思っている方も

いるかもしれませんね(^^)

 

今回はそんなあなたに元旦に届くための

年賀状の締め切りなどの要点をまとめてみました!

 

スマホ時代のお役立ちアプリもありましたよ(^^)

スポンサーリンク


基本1 年賀状はいつまでに出せば元旦に届く?

まずは超基本の「いつまでに?」ですが、これは毎年

12月25日が「元旦に届ける」という保証期間の締め切りに

なっています(^^)

 

ちなみに、26日以降に出した場合でも「元旦には絶対に間に合わない」

というものでもないというのが本当のところ。

 

26日以降でも同じ市町村内などでは届く確率が上がるようです(^^)

 

しかし、26日以降に年賀状を投函した場合は元旦に届くという

保証はないので2日になってしまっても仕方がないんです(^_^;)

 

ですから年賀状の締め切りは基本

 

12月25日と考えておくのが間違いありません!

 

ちょうどクリスマスですね。

 

また、年賀状は早く出したからといって年内に届いてしまうという

ことはありません!官製の年賀はがきやはがきに「年賀」と分かるように

書かれていればきちんと元旦に届けてくれますのでご安心を!

 

もし手作りのはがきなどで「年賀」の記載がないものは、切手を貼る

下あたりに赤(朱)で「年賀」ときちんと記載しておきましょう。

 

基本2 印刷を業者に依頼した場合はいくら?何日かかるの?

年賀状印刷を頼んだ場合の価格は?

年賀状の印刷を受け入れてくれる業者は大手カメラ店やネット専門

の業者など多数あります。

 

だいたい、印刷費用は1枚50円前後で写真やデザインを選べる

ようになっています。通常デザインの他に「デザイナーズ」

「完全オリジナル」など選べるようになっていて場合によっては

「オプション料金」が必要になる場合が多いです。

 

また、別途はがき代や切手代は別料金だったりするので、

 
一枚印刷50円+はがきor切手代52円=102円
 

となるので50枚で5,100円、100枚なら10,200円〜

費用がかかるような感じです。

 

年賀状の納期までの時間は?

納期は注文後最短で3日程度からで、平均的には4〜5日

見ておいたほうがいいです。

 

注文方法はネット、店頭など業者のスタイルによります。

引き渡しも店頭か郵送になるようですが郵送の場合は

無料のところが多いのでその点は助かりますね(^^)

 

参考サイト:カメラのキタムラ挨拶状ドットコム

 

コスト面だけなら自作の方が安い!

費用面を考えると、枚数や確実に毎年送るのかにもよりますが

毎年のことと考えるとパソコンとプリンター、そして年賀状ソフトを

用意したほうがランニングコスト的には安いですね(^_^;)

 

パソコンもプリンターも年賀状以外にたくさんの活用方法

がありますので、これを機にプリンターなどを用意すれば

日頃のデジカメの写真も手軽に印刷できます。

 

パソコンをする夫婦

 

ですが、時間がない・機械が苦手などの理由がある場合には

簡単にプロにお願いできるという点は大きな魅力です!

 

自分の生活スタイルにあった方法で作成するのがいいですね(^^)

 

宛名は自分で書かないといけないので計画的に!

忘れてはいけないのが「宛名書き」です。

いくら綺麗に仕上がったはがきが手元に届いても、宛名が

ないことには始まりません。

 

オプションなどで宛名まで業者に頼むことも出来ますが、いずれにしても

宛名のデータを用意したりと意外と時間がかかるもの!

きちんと宛名を書く時間も計算して用意しましょうね(^^)!

 

超便利!スマホ時代の年賀状緊急作成アプリ!!

最後はアプリのご紹介です!

いやはや凄い時代になりましたね(^^)

 

このアプリは「はがきデザインキット」という日本郵政のアプリです。

テンプレートを選んで写真を挿入してスマホで簡単に年賀状が作れて

しまうというスグレモノです!

 

はがきデザインキット

 

【注意】

現在は2014年番ですが例年12月の初旬にはアップデートされる予定です。

androidとiPhoneの両方に対応しています。

 

Androidの方はGoogle Playから!

iPhoneの方はApp Storeから!
対応OS :Android端末 Android1.6以降 iPhone iOS4.3以降
 

テキストの挿入や手書き文字にも対応しているのでさり気なく

高機能!スマホならではのタッチ操作でゲーム感覚で年賀状が作れて

しまいます(^^)

 

はがきデザインキット1 はがきデザインキット2

 

画像として保存もできるので、自宅のプリンターで印刷したり

メールやLINEで送ることも出来ます。

 

また、アプリからはがきの印刷注文もできるので至れり尽くせりです!!

 

はがきデザインキット3

 

さすがに全ての年賀状をこれで作るのは厳しいかもしれませんけど、

出し忘れの際の緊急事態に活躍するかもしれません(*_*)(汗)

 

最後に

以上が、年賀状作成で押さえておきたい費用や期間に

ついてでした!

 

メールなどでのやりとりが主流となった今でも年賀状は

老若男女共通の重要な年の始めのコミュニケーション

ツールです!

 

社会人ともなれば年賀状もサッとスマートに出したいものです(^^)

やっぱり何事も「事前に余裕をもって」ですね!

 

【年賀状関連の記事】

年賀状の返事のマナー!ヤバイ!出してない人から来たときの対処法

謹賀新年や賀正の意味!分からないと失礼!正しい年賀状のマナー

喪中はがきはいつまでに出すの?文面はどういうことを書く?


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ