クリスマスはキリストの誕生日じゃないというのはデマ?!

 

クリスマスは何の日か知っていますか?

 

日本人の多くは、なぜ12月25日にクリスマスが行われているのか知らないはずです。

今回はクリスマスとキリスト教徒の秘密についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク


12月25日はキリストの誕生日ではない!?

 

12月25日といえば、イエスキリストの誕生日であると日本では信じられていますよね!?

 

日本は基本的に無宗教の国なので、仏教、キリスト教、ユダヤ教など数ある宗教についての知識が少なく、偏見多いという特徴があります。

 

日本人はキリスト教とは関係ないけど、とりあえず「クリスマスを楽しもうか!」という空気感になっちゃっていますね(笑)

 

クリスマスを祝う女の子

 

実は多くの日本人が勘違いしていることがあります、それは、クリスマス(12月25日)はイエスキリストの誕生日ではないということです。

 

イメージでは、キリスト教の人はクリスマスにイエスの誕生を祝い祭りをしていると思われがちですが、実は聖書にはキリストの誕生日など一切記載されていないのです。

 

いつのまにか日本人の間では、自然と

 

「クリスマス=キリストの誕生日」

 

という認識が強くなっていきましたが、実際は関係がないそうです。


✕=クリスマスはキリストの誕生

◯=キリストの誕生日は不明である


 

巷では、クリスマスは誕生日ではなく本当は

 

「キリストの命日なのではないか?」

 

という噂もありますが、こちらも実際には詳細なデータが残っていないため、現在では真相がわからないそうです。

 

聖書によると、命日や誕生した日付の記載が一切ないそうなので、12月25日をキリストの誕生日と決めたのは、あくまでも後付にすぎないという意見が多いそうです。

 

日本人はキリスト教など無視してクリスマスを楽しんでもいいのか?

 

クリスマスケーキ

 

キリスト教ではないからといって、クリスマスを楽しんではいけないというルールはありません。

日本は無宗教ですが、季節系のイベントではクリスマスが最も大きな注目を集めていますよね?

 

小さな子どもでも楽しめるようなクリスマスの習慣は、アメリカが作ったと言われているため、実際は、本場のキリスト教徒が行うクリスマスとは大きく違います。

 

クリスマスにプレゼントをもらったり、ケーキを食べることはあっても、自宅でミサのような儀式をすることはありませんよね(笑)

 

日本では単なるお楽しみ系イベントになっているので、キリスト教に一切関心がないとしても、心配する必要はこれっぽっちもありません。

 

キリスト教はどのようにクリスマスを過ごすのか?

そこで気になってくるのが、本物のキリスト教徒はどのようなクリスマスをやっているのか?ということです。

 

国によって多少の誤差はあるようですが多くの場合は、教会へ行きミサ(礼拝)を行うようです。

 

教会

 

日本では12月24日がクリスマス・イブ、そして12月25日の夜がクリスマスだと考えられていますが、正式には24日の夜中から25日の朝方にかけてクリスマスが行われます。

 

つまり、すでに25日の夜はクリスマスではなく、クリスマスの翌日という計算になるのです。

キリスト教の信者は、24日の深夜から教会にあつまり礼拝などを行いその後自宅へ帰って眠るそうです。

 

日本のように、恋人とデートをしたり遊んでいるような暇はなくキリスト教徒にとっては1年で最も忙しいといっても過言ではないほど、慌ただしい一日だそうです!

 

もしも自宅の近くに教会があれば、24日の深夜に行ってみるといいですよ!おそらくですが、大勢のキリスト教徒が集まっているはずです。

 

キリスト教という文化に触れてみるのも良い経験になるかもしれませんからね(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ