早稲田実業 清宮幸太郎!高校初ホームランはいつだった!?

すでに全国的に有名になっている、早稲田実業高校のスーパールーキー

 

清宮幸太郎選手!

 

父は、ラグビー界の名将である清宮克幸氏

お父さんの類まれなる運動センスのDNAをしっかりと受け継いで、春から大活躍!

 

高校野球シーズンになれば専門誌はもちろんは、新聞で、そしてテレビで見ない日はないくらいです。

 

なんで注目されているかといえば、

 

強力な打撃

 

です!

今回は、清宮選手の凄さについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク


高校公式戦初本塁打は入学式の何日後!?

 

清宮幸太郎選手の一番の注目と言ったら「打撃」です。

清宮選手は、少年硬式野球(リトルリーグ)の東京北砂リトルで世界一になった時点ですでに、

 

和製ベーブ・ルース

 

と言われる程、打撃センスが光に光っていました。

すでに、あの伝説の打者に例えられて左の大砲として注目されていたのです。

 

2015年の4月に清宮幸太郎は早稲田実業高校に入学したの訳ですが、わずか3日後に高校球界にその名を知らしめます。

 

4月9日に行われた、春季東京高等学校野球大会の3回戦・対駒沢大学高校先に三番・一塁出場。

全国でもお馴染みの強豪・早稲田実業で公式戦スタメン出場するだけでも十分凄いわけですが、その試合で

 

決勝打

 

を打ちます!!

 

【清宮幸太郎 初ヒット!!】



 

更に、その後の試合も含め、関東第一高校に敗れるまでの3試合に出場し、全試合で打点をマーク。

その打点の中には、さっそく本塁打も含まれているという怪物ぶりです(^_^;)

 

その気になる「ホームランはいつでたか?」と言うと、敗退した関東一高戦ででした。

試合が行われた日は4月18日。

入学から2週間足らずのうちに公式戦で右中間に”特大”のホームランを放ちました!

 

【清宮幸太郎 初ホームラン!】



 

ハッキリいって常人離れした野球センスと行ってもいいかもしれません。

 

センスはもちろん、メンタルも素晴らしいわけです。

リトルリーグ時代から、大舞台を経験した清宮幸太郎選手にとっては、「高校初本塁打」というものは、とっても低いハードルだったのかもしれません(^_^;)

 

清宮幸太郎は21世紀の怪物間違いなし!!

清宮選手が徐々に注目を集め始める用になるまでに、1ヶ月とかかっていません。

最近の早稲田実業で話題になった選手といえば、

 

現・日本ハムファイターズの斎藤佑樹投手

 

また過去に遡ると、

 

元・ヤクルトスワローズの荒木大輔さん

 

などが有名ですがどちらも、1年生の夏前からフィーバーとも言える程の注目を集めてはいません。

 

既に、清宮幸太郎という高校生はその二人を越えているんですね・・・

清宮選手の高校野球はまだ始まったばかり・・・

 

かつて甲子園を、高校球界を沸かせた

 

PL学園 清原

星稜 ”ゴジラ”松井

愛工大名電 イチロー

 

などなど、こういった後に日本を代表する名選手に追いつく日が、そして追い越してしまう日が、そう遠くないうちに来るのではないでしょうか!!

 

怪我にだけは気をつけて3年間元気にプレーして、どんどん記録を積み上げていって欲しいですね(^^)!!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ