夏の甲子園2015!西東京予選優勝予想!早稲田実業の出場なるか?

今回は、東東京大会に続き、西東京大会の優勝校を予想します!

 

東東京地区は、春のセンバツ出場の東海大菅生の所属する地区です。

しかし、センバツ出場校だからといって、簡単に勝ち上がれないのが、高校野球ですね!

 

春季大会の成績を見てみると、日大三高と東海大菅生が一歩リードしている感じです。

果たして、2強体勢を崩す可能性のあるチームは出てくるのでしょうか?

 

それでは、さっそく言ってみましょう!

 

スポンサーリンク


2015年東東京大会優勝予想

本命

 

日大三高

 

東東京大会の優勝候補の本命は、春の王者・日大三高です!

日大三高は、昨秋の新チーム発足時は、コールド負けを喫するという屈辱の中でのスタートとなってしまいましたが、冬を越して大化けしたチームです!

 

春季大会の決勝では、佼成学園を相手に、27安打25得点という大爆発を見せました。

スコアは、25対4というビッグスコアで、他を圧倒する力を見せつけています!!

 

打線の要は、捕手の小藤を中心とした強力打線。破壊力は前述のとおりです(汗)

投手陣は、小谷野・桑村に加えて、抑えの田村という布陣。

継投策が取れる点は、肩の消耗を避けつつ戦えるので、盤石の体制といえるでしょう!

 

【入って当たり前?小藤選手の弾丸本塁打!】



 

対抗

 

東海大菅生

 

対抗は、プロも注目の投打に渡り二刀流の活躍を見せる、勝俣投手率いる東海大菅生です(^^)!

やはり、選抜出場の経験値と自信は怖いですね!

 

エース勝俣投手は、140キロの速球と、スライダーが武器で、安定感は上々!

攻撃側も勝俣選手・江藤選手・伊藤選手・小磯選手に要注意。出塁率が高く、勝負強さもあり、切れ目のない打線となっています。

 

【投打の要!勝俣選手の右中間への本塁打!】



 

ダークホース1

 

佼成学園

 

ダークホースの筆頭は、春季大会準優勝の佼成学園。

エース・小玉は、130キロ台のストレートでイン・アウトをバシバシ攻める攻撃的ピッチングで攻める!

打線のキーマンは、橋本選手・山本選手。

 

春の決勝の雪辱を晴らすべく、燃えていることは間違いなし!

 

ダークホース2

 

早稲田実業

 

春季大会ベスト8の早稲田実業も注目!

守備力が元々高く、エース右腕の宮崎の丁寧なピッチングがそこに組み合わされると、そう簡単には崩せない!

 

【清宮選手高校初本塁打!これが高校1年生の春?】


さらに、攻撃面では、”王二世”とさえ呼ばれる大物ルーキーの清宮選手が加わり、4番の加藤選手の打棒に加えて、破壊力がアップ!

清宮選手の成長が、早稲田実業を甲子園に近づける?!

 

出場校決定!

 

早稲田実業 >>早稲田実業について詳しく見てみる
  • 私立 5年ぶり29度目
第一回甲子園大会出場校であり、あの”世界の王”こと、王貞治さんの母校でもある早稲田実業が、100年目のメモリアルイヤーに栄冠を手にしました!

 

原動力は、やはりスーパー一年生で、王2世とすら言われる清宮幸太郎選手の活躍でしょう!

 

甲子園でもスーパー一年生の活躍に期待です!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ