夏の甲子園2015!沖縄県予選の優勝予想!代表校はどこだ?!

 

今回は、北海道と並んで、日本で一番早く予選の始まる県である、

 

第97回全国高校野球選手権大会沖縄県予選

 

に関して、優勝予想したいと思います!

 

沖縄県は、参加校が65校。

結構多いですよね(^^)!

 

過去には、全国制覇を成し遂げた興南高校(2010年)もあり、沖縄代表は本大会でも台風の目になる可能性は大です!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園沖縄県予選優勝予想!

本命!

 

興南

 

春の選抜出場の糸満高校を差し置いての、優勝候補は興南高校です!

理由は、ずばり「春の直接対決で糸満を下している」という点。

 

春季沖縄大会では、糸満高校がいないという状況ではあれど、堂々の優勝。九州大会へコマを進めています。

その後の、夏の第一シードをかけた直接対決で、糸満高校に3−0で完封勝利!夏の大本命と言えます。

 

注目は、完封勝利の立役者、エース左腕の比屋根投手!

 

比屋根投手は、三振製造マシーンと言ってもいい投手!

春季沖縄県大会では、3回戦以降の全イニングを連続無失点。さらに、決勝では10連続奪三振を記録しています。

更には、九州大会で、福工大城東を相手に惜敗したものの、延長12回を投げきり、何と18奪三振を記録しています。

 

比屋根投手の奪三振ショーが炸裂すれば、沖縄県代表を勝ち取る事は決して難しいことではありません!

 

【比屋根投手の奪三振ショー!!@チャレンジマッチ 対糸満高校】



 

対抗

 

糸満

 

2015年春のセンバツ出場の糸満高校も当然ながら優勝候補です!

春の選抜では、初戦の天理(奈良)に惜敗を喫しましたが、春季九州大会では、堂々のベスト4入り。

 

当然ながら、全国レベルの堂々たるチームです。

 

エース右腕の金城乃選手は、選抜時点で既にカーブ、スライダー、ツーシムを巧みに操る技巧派投手としてチームを牽引。

選抜後は、安定感が増し、よりパワーアップしています(^^)

 

5月には、関東遠征を行っていて、東海大相模、桐光学園、横浜隼人などと対戦。

6勝4敗と勝ち越している点を見ても、チーム力としても、順調な仕上がりを見せているようです。

春に、直接対決で敗れた興南高校との再戦に期待でもあります!

 

ダークホース

 

沖縄尚学

 

昨年の代表校、沖縄尚学ももちろん、要注目です!

昨秋はまさかの初戦敗退を喫してしまいましたが、その後雪辱に燃え、着々と力をつけています。

春季大会では、優勝校の興南を相手に、0−2と惜敗していますが、エース神里の調子によっては十分優勝が狙えます(^^)!

 

沖縄県代表決定!!

沖縄県の代表校が決定しました!

2015年夏の甲子園の土を踏むことになったのは・・・

 

興南です!!

 

本命予想的中です(^^)

ぜひ、甲子園で活躍されることをお祈りします!!
>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ