夏バテ予防にクエン酸がいい理由!おすすめの摂取方法!

今日、たまたま自動販売機にあった”ぎゅっとすっぱい C.C.Lemon”というジュースを買いました。

ビタミンCがレモン50個分(1,000ミリグラム)に加えて、クエン酸も摂れるドリンクです。

普通のCCレモンと違うのに気がついて、つい・・・(^_^;)

 

夏本番ではないにしろ、ここのところ凄く暑いですからね。

「元気なうちからクエン酸を摂って、しっかりと、夏バテ予防していかないといけないな〜」なんて、思いました。

 

でも、ふと思ったんです。

夏バテに効くといわれる、クエン酸

ご存知の方も多いと思いますが、実際のところ、何でクエン酸が夏バテ予防になるのか知っている人は、少ないのではないでしょうか?

私も、クエン酸が夏バテ予防になると、何となく知っていたのですが、その理由については知りません(汗)

 

本当にクエン酸を摂ると夏バテを予防できるのか?

なぜ、夏バテに効くのか?

 

今回は、これらについて調べてきました!

 

スポンサーリンク


なぜクエン酸は夏バテに良いのか?本当に効果はあるの?

なぜ、夏バテに良いとされるのか?

調べてみたところ、クエン酸は、体内に入った栄養素をエネルギーに変える作用があるんだそうです。

 

食べ物に含まれているさまざまな栄養素をエネルギーにすることによって、夏バテすることなく、元気に過ごせるから、という理由です。

 

本来、クエン酸は体の中で生成することができるものであるため、とくに注意して摂取しなくても、エネルギーをつくることはできます。

しかし、その量が少なくなると、エネルギー不足となり、夏バテのような、食欲不振や、疲労を感じるようになります。

 

現代社会に生きる日本人は、運動不足や、ストレス過多、いろいろな原因で、クエン酸が不足しつつあります。

特に夏は、クエン酸を摂取するよう、心がけたほうが良いようです。

 

たしかに、普段の食生活の中で、クエン酸が豊富に含まれているようなものって、たくさんは食べていないですよね。

やっぱり、すっぱいものがメインになるので、梅干でも1つ2つがいいところ・・・。

レモンなんて、なかなか毎日食べれるものではありませんよね(^_^;)

 

そういうことを考えると、夏バテしないためにも、夏はクエン酸を摂ることを、なるべく心がけていったほうが良さそうです。

 

レモン

 

理想的なクエン酸の摂取の仕方

お酢、梅干、レモン、グレープフルーツ、ゆずなどにクエン酸は含まれています。

1日の摂取量で言えば、約3〜5グラム程度を摂っていくと良いようです。

 

クエン酸に限った話ではありませんが、栄養素はバランス良くとることが基本となっていますの。

極端なことを言えば、梅干しか食べない生活を送れば、体調を崩します(^_^;)

 

なので、クエン酸を摂取するのが良いからって、そればかりを食べるのは、かえって健康を損なう原因になることになりますから、気を付けましょう。

夏バテの予防を考えて、クエン酸を毎日摂取するようにするのであれば、果物から摂るのがおすすめです。

 

グレープフルーツ
 

夏バテに効く栄養素は何も、クエン酸に限ったことではありません。

果物には、ビタミンなど、他にも夏バテに効果的な栄養素をたくさん含むので、レモンや、グレープフルーツを積極的に食べるようにすると良いですね。

 

ちなみに、レモンは砂糖漬けにするとおいしく食べられると思いますが、これは、グレープフルーツも同じです。

うちでは、夏に夏バテ予防も兼ねて、グレープフルーツを一人あたり半分にして、スティックのお砂糖をかけて、スプーンで食べるようにしています(^^)!

 

砂糖漬けにするわけではないので、

「グレープフルーツを切る→砂糖をかける→食べる!」と、非常に手軽に食べれます。

レモンより食べやすいので、とってもおすすめですよ。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ