お盆休みの期間!2015年はいつからいつまで?銀行は大丈夫?

大人の夏休みとも言えるお盆休み!

お子さんの夏休みも折り返し地点といった所ですね。このタイミングで、帰省したり、家族旅行に出かけたりと、忙しくも楽しい時間を過ごされる方も多いのではないでしょうか?

 

また、逆にお盆休みが関係ないという人もいるかと思います。

 

いずれにしても、「世間のお盆休み」を把握しておかないと、思わぬことで困ってしまったり、仕事に支障が出てしまったりすることもありますよね?

 

そこで今回は、「2015年のお盆休みの一般的な期間」についてまとめてみました。参考になれば幸いです(^^)

 

スポンサーリンク


お盆休みの期間はいつからいつまで?

まずは、さっそく一般的なお盆休みの期間についてです。

地域によって、お盆は7月だったり、8月だったりしますが、世間の(企業などの)お盆休みはほとんどが8月です(^^)

 

いわゆる、「月遅れのお盆」などと言われる期間です。

 

月遅れのお盆は、日付でいうと、8月13日から8月16日までという期間です。

 

*クリックで拡大します(^^)

2015年お盆休みカレンダー

 

ご覧のように、木曜日からちょうど日曜日までの4連休になる場合が多いです。土日が上手く含まれていますので、休む側としては、ちょっと存した気分になるかもしれませんね(^_^;)

 

ですが、企業によってはもっと長くなる場合ありえます。特に工場関係の場合は、8月8日土曜日から8月16日の日曜日までの9連休になる場合もあります。

 

スイカ

 

お盆に、お仕事の方などは、取引先のお休みなどを事前に確認する必要があるかもしれませんね。

私は、以前お盆休みがかき入れ時でもある、小売業界で働いていましたが、納品先がお盆休みになってしまうので、事前に大量に仕入れておかないと行けなかったりして大変でした(汗)

 

お盆が特売チラシの期間になったりもするので、計画が大変でした(^_^;)

 

お盆休みは銀行はやってる??

そして、やっぱりいちばん気になるのは「銀行が営業しているかどうか」だという人も多いのではないでしょうか??

お盆休みに出かけたりする際のお金や、初盆の香典ようにお金が必要になる場合がありますよね(^^)

 

ですが、心配することはありません(^^)!

 

銀行は通常営業です!

 

ATM

 

銀行は年末年始はお休みに入るので、わたしは年末年始に金欠になってしまうという残念な経験をしましたが(汗)、お盆は問題なしです(^^)

 

15日が給料日という方もいらっしゃると思いますが、お給料などの振込も通常通りですよ!15日がちょうど土曜日ですから、今年の8月は、14日にお給料の振込という場合がほとんどではないでしょうか。

 

実は、銀行のお休みは銀行業法という法律で決められています。日本人の生活に重要な仕事ですから、勝手にお休み出来ないわけですね。

銀行で働いていらっしゃる方には大変なことですが、利用する側としては有り難いことですね。

 

銀行業法で決められた銀行の休業日は以下の通りです。

 

銀行のお休みはここだ!

①土日と祝日

②12月30日~1月3日までの年末年始


 

これ覚えておけば、「お金をおろせなくて困る!!」ということには基本的にはなりません(^^)

厳密には、コンビニのATM等の場合は取引ができない銀行があったり、ATMのシステムメンテナンスなどで、お金を引出せない時間帯などがあったりしますのでご注意を(汗)

 

いずれにしても、できるだけ余裕をもって行動しておきたいですね(^^)

 

最後に

以上がお盆休みの期間と、銀行の営業日についてでした。

 

個人的には、お盆休みは関係がないのですが、お金の引き出しができると思うと、なんかホッとします(笑)

年末に苦い思い出があるのでトラウマになっているので・・・(^_^;)

 

お盆休みのあるあなたは、お金はもちろんですが、色々と事前にリサーチして「困った!」のない充実したお盆休みを過ごしてくださいね(^^)!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ