制汗剤による黄ばみ予防!シャツの洗濯のコツは?

制汗剤に含まれている成分と、あなたの脇に付いている菌とが化学反応を起こすと、トップスに黄ばみがつきます。

代表的なのは、白ブラウス、Yシャツ、Tシャツです(^_^;)

 

黄ばみが付いている服を着ているのは恥ずかしいですし、ニオイも気になりますよね。

 

でも、黄ばみ汚れって、普通に洗濯するくらいでは、なかなか取れないものです。

 

スポンサーリンク


基本的に毎日洗うこと、汚れたらすぐに洗うのがポイント

黄ばみ汚れは、皮脂に原因があります。

顔を洗う時も皮脂汚れは落ちにくく、角栓や黒ずみになってしまうように、皮脂汚れというのは、とても落ちにくいものなんです。

 

また、黄ばみ汚れというのは、蓄積して黄色くなるものでもあります。

 

新品のTシャツを1日着たくらいでは黄ばみませんが、それを洗濯して、真っ白に綺麗になっても、洗濯では落とせなかった見えない皮脂汚れが蓄積されているんです。

それを繰り返していると、やがて、繊維そのものが変色して、黄ばみになります。

 

悩むお母さん

 

また、ワキガに悩まれている方は、”リポフスチン”とよばれるものが分泌されます。

このリポフスチンもまた、衣類を着色する原因になっています。

 

汚れたままにしておくと、酸化してより落ちにくくなってしまいますので、YシャツやTシャツなどは、すぐに洗うようにします。

 

一人暮らしの方は特に、何日か置きに洗濯する人が多いため、黄ばみもつきやすいです。

 

面倒ですし、節約も大切だとは思いますが、一日の汚れは一日のうちに落とすのが基本です。

帰ってきたらすぐにお風呂を沸かし、脱いだ衣類を入れ、こまめに洗濯するようにしましょう。

 

毎日制汗剤を利用している人でも、毎日洗濯することを心がけるだけで、だいぶ衣類の黄ばみは防げます。

 

洗濯時の一手間が大切!

毎日のお洗濯の時は、必ず、漂白剤を入れるようにしましょう。

私が使用しているのは、”液体漂白剤”です。汚れが多い日も少ない日も、必ず入れるようにしています。

 

漂白剤は汚れを白くするものとして知られていますが、汚れをしっかり落とす効果、除菌効果、防臭効果があります。

黄ばみだけではなく、汗の臭いが気になる人にも、おすすめです。

 

また、使用する漂白剤は、塩素系漂白剤ではなく、酵素系漂白剤になります。

 

漂白剤

 

酵素系漂白剤は、色落ちすることなく使えるので、毎日のお洗濯でも、衣類を柄物と分けずに使用することができます。

 

さらに、部分的に漂白する力もありますので、汚れがひどい時や、汗をたくさんかいた日、黄ばみが気になる時は、洗濯機に入れる前に、つけ置きしておきます。

 

つけ置きしたあと、いつも通りにまた漂白剤を入れて、洗濯機を回します。

こうすることによって、さらに汚れ落ちが良くなります(^^)

 

 

 

万能アイテム!重曹も活用できる!

その他に、黄ばみを綺麗に落とす方法としては、”重曹”(じゅうそう)を使用するのがおすすめです。

 

重曹は近年、家庭のお掃除などいろいろなところで使えると、便利アイテムとしても親しまれています(^^)

ドラッグストアで購入することができますので、ぜひ、家にストックしておきましょう!

 

重曹は本当に便利です。黄ばみ汚れを落とす用途以外でも重宝します。

 

ラプカルム
 

重曹の使い方ですが、先ほどの酵素系漂白剤と重曹を混ぜて使用します。

だいたい1:1になるように混ぜて、つけ置きすると、より制汗剤による、黄ばみを綺麗に落とすことが出来ます。

 

黄ばみは制汗剤が原因と良く言われていますが、だからといって、制汗剤を使用しないと、今度は臭いに悩まされることになります。

 

制汗剤の利用は続け、洗濯の方法を変えることによって、衣類にできる黄ばみを、予防・対策することができますよ。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ