除湿機は夏も使用するべきか?マンションやアパートは必須!?

 

夏に自宅を除湿する必要ってあるの??

 

冬や春には、窓を閉め切ったりするので湿気がおおくなるイメージがありますが、実際に「夏も使用するべきなのか?」気になりますよね。

 

今回は除湿機の正しい利用方法についてご紹介をしていきます。

 

スポンサーリンク


除湿機は夏でも使用するべきか?

夏は暖かく、雨が少ない季節なので、外で洗濯物を干すことが多いので、部屋干しで除湿機が必要になることはありませんよね。

 

ですが、日本の夏は湿気がおおくジメジメしています。

普段から使わない部屋だったり、日当たりの悪い部屋だと、湿気がたまりやすくなります。

 

春夏秋冬、多少は差があるとしても、基本的に、湿気がたまりやすい空間や部屋などはつねに湿気が多いということを覚えておいてください。

 

つまり、夏だとしても、そういった場所には、除湿機を使用して湿気を取り除かなければいけないということです。

 

除湿機

 

湿気が多いと、布団やカーテンなどがカビてしまいます。

 

目に見えるカビだけがカビではありません。

 

布団などの繊維の奥がカビている可能性もありますし、目では確認できなくても、臭いが発生することもあります。

 

知らないあいだに、自分の部屋や家がカビ臭くなっていると嫌ですよね。

 

ですから、夏でも除湿が必要である部屋は、除湿機を稼働させておきましょう。

 

また、湿気がたまらないようにするということも大切。

 
  • 部屋に不要なモノを捨てる
  • 空気を入れ替える
 

というような工夫が必要になります。

 

長い間使わない部屋は、物置になってしまいがちですが、カビなどはえないように、気を配ることが大切です(^^)

 

マンション住まいで部屋干しするなら夏でも除湿機を使いましょう

マンションやアパートなどでは、ベランダに洗濯物を干せないことがありますよね。

とくに、女性の場合は防犯対策として外に洗濯物が干せないこともあります。

 

アパート

 

下着を盗まれてしまったり、「女性物を洗濯物しかない=女性しか住んでいない」ということがバレてしまうと、強盗や窃盗など、犯罪にあってしまう危険性もたかまります。

 

そういったときには、室内干しを余儀なくされますよね?

 

夏でも部屋干しをすれば、室内に湿気が充満してしまうので、必ず除湿機を使用しましょう。

 

夏はクーラーを使うとおもいますが、湿気が多い状態になると、クーラーの内部にカビや結露が発生してしまうことがあります。

知らない間に、クーラーの内部にカビが発生していると、部屋全体に、カビの粒子が撒き散らすことになります。

 

カビ

 

そうなると、アレルギーや喘息などの疾患にかかってしまうことがありますので、健康を害してしまう原因になります。

 

あなたが住んでいるマンションが鉄骨タイプであれば、湿気が溜まりやすい構造になっているので注意してください。

 

木造タイプのアパートとは違い、鉄骨は湿気が充満してしまうので、部屋干しをしない部屋でも除湿機をまわしておけば、おもしろいように除湿できます。

 

例えば、日当たりが悪い部屋だったりウォークインクローゼットの中は、湿気が溜まりやすいです。

 

換気がうまく出来ないへやは、無条件で湿気が集まりますので、大切な衣類などがカビないように、除湿機で除湿しておきましょう!

 

除湿機を購入するならネットか家電量販店か?

除湿機を購入するときには、どこで買うべきか?

 

悩む

 

あなたが除湿機初体験だとすれば、家電量販店でじっくりと決めるべきでしょう。

反対に、これまで除湿機を購入したことがあり大体わかっている場合には、インターネットからの購入で問題ないでしょう。

 

まだ、除湿機を購入したことがないあなたは、一度は家電量販店でスタッフに細かくアドバイスを貰うことが大切です。

 
  • 私の部屋の大きさにあう除湿機はどれだろうか?
  • 値段がピンからキリまであるけれども、なにが違うのか?
 

これらの気になるポイントをすべて聞き、あなたの部屋にあったふさわしい除湿機を選んで購入することをおすすめします(^^)!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ