宮古島の海開き!2015年はいつ?うりずんが旅行の穴場時期!

宮古島(みやこじま)は、沖縄本島の南西に位置する島です。

PV(プロモーション・ビデオ)やCMに出てくるような、真っ白な砂浜のあるビーチもあり、海の綺麗さも、沖縄県内でもトップクラスです。

いや、日本でもトップクラスと言ってもいいかもしれません(^^)!!

 

そんな宮古島の海開きの時期はとても早く、本州では春の訪れを感じる4月も、夏の気候になります。

また、宮古島では毎年、4月の第一日曜日に海開きのイベントを行っています。

 

スポンサーリンク


2015年、宮古島の海開きはいつ?

2015年、4月の第一日曜日は、4月5日になります。

この日は、「宮古島海開き」の日として、イベントが行われています。

 

この日には島内、県内の人だけではなく、全国各地からたくさんの人が集まり、日本でも一番早いと思われる、夏のイベントを楽しみます。

 

沖縄

 

宮古島海開きの場所&概要

来場者が3,000人以上にもなる、海開きのイベントは、宮古島内にある、

 

「与那覇前浜ビーチ」

にて行われます。

 

この場所は、”東洋一美しいビーチ””東洋一白い砂浜”と呼ばれているビーチで、本当に綺麗な海&白い砂浜が見られます。

 

また、橋の向こう側に見える来間島(くりまじま、くるまじま)もステキです。

 

この場所は、4月〜の海にて泳げる時期はもちろん、オフシーズンでも観光名所の1つになっているスポットですので、海開きイベントの日だけではなく、宮古島に旅行の際は絶対に訪れたいスポットです。

 

宮古島の「海開き」のイベントは、さまざまな催し物が用意されていて、子どもも大人も、思いっきり楽しむことができます。

海(ビーチ)ならではの催し物も多いので、ぜひ、訪れてみてください。

 

沖縄県の4月の天候は?

沖縄県には、本州の人には聞き慣れない「うりずん」という言葉があります。

 

うりずんとは、旧暦の2〜3月、梅雨に入るまでの初夏の時期のこと。

沖縄県の梅雨は5月に訪れるので、だいたい4月のことを、指します。

また、うりずんとは”うりじん”と呼ばれることもあります。語源となっているのは、「潤い初め」(うるおいぞめ)

 

うりずんの時期、4月の沖縄県の天候は、年間を通してみても非常に安定していて植物も元気に育つことから、「潤い初め」、うりずんと呼ばれるようになりました。

 

ハイビスカス

 

沖縄県の海開きは、3月〜4月となっていますが、4月の宮古島の天候は特に、海水浴日和の良い天気が続きます。

海水浴目当ての旅行や、子連れの旅行は特に、おすすめの時期になります。

 

宮古島周辺観光スポットは?

与那覇前浜ビーチでの海水浴の他にも、宮古島にはたくさんの観光スポットがあります。

先ほど少し挙げた、来間島(くりまじま、くるまじま)もその1つです。

 

宮古島と来間島をつなぐ橋から見る海は、絶景です。

 

来間島にもビーチがありますが、それほど人が集まらない場所なので、お散歩や、デートにもおすすめです。

 

来間大橋

 

宮古島海中公園もおすすめスポットの1つです。

海中を観察出来る施設はなかなかないので、ぜひ、訪れたいです。

また、この海中公園は屋内で遊べるスポットなので、雨の日にもおすすめです。

 

宮古島市熱帯植物園は、入場料無料の観光スポットです。

沖縄県に住む人にとっては、珍しい草木、花ばかりではないのでしょうが、本州に住む人にとっては、なかなか見れない草木、花ばかりです。

ウォーキングコースもあるので、食後のお散歩にもおすすめですよ(^^)

 

平
 

そして最後は、平安名崎灯台(へんなざきとうだい)です。

平安名崎灯台は、東平安名岬にあります。日本の灯台50選にも選ばれている灯台で、ここから見える景色はとても綺麗です。

 

海を見下ろして見る機会はなかなありませんので、宮古島に行ったらぜひ、行ってみてください。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ