ジューン・ブライドは入籍日が6月ならOK?6月の花嫁の条件は?

ジューン・ブライド(June Bride)とは、”6月の花嫁”のこと。

ヨーロッパでは、古くから”6月の花嫁”になれた女性は、生涯、幸せな結婚生活を送れると、言い伝えられています。

 

しかし、日本においては、”結婚記念日”となる、婚姻届を出す日と、結婚式を挙げる日、これは、イコールにならないのが「普通」ですよね。

ジューン・ブライド、6月の花嫁になる条件とは何なのでしょうか?

 

スポンサーリンク


6月の花嫁になるには?6月に入籍?

ジューン・ブライドとは、先述の通り、”6月の花嫁”なので、入籍日ではなく、結婚式をあげる日になります。

 

6月中に結婚式をすれば、晴れて”6月の花嫁”さんになれるのです。

 

しかし、この条件は日本において厳しいものがあります…。

その理由は、「梅雨」です。日本は、6月〜7月、梅雨の季節に入ります(^_^;)

 

誰もが天気の良い日に式を挙げたいもの…。

そのため、6月に結婚式をあげるカップルは意外と少ないんですね。

 

 

梅雨

 

 

また、当人においても天気の良い日に行いたいと思われるかと思いますが、それは、結婚式に参列するゲスト、友人や上司、家族も同じ気持ちなのです。

そのため、6月の結婚式は迷惑…なんて言われてしまうことも。

 

ヨーロッパの気候ならばともかく、日本の気候においては、なかなか”6月の花嫁”になるのは、条件が厳しく、難しいんです。

 

入籍日よりも、結婚式の日取りを大事にしたい方へ

”6月の花嫁”になる憧れは、女性ならば、多かれ少なかれあると思います。

結婚式

 

 

入籍日より、結婚式の方が大切。

どうしても、ジューン・ブライドになりたい。

 

そう考える女性も少なくはありません。

 

 

そんな方におすすめなのは、結婚式を執り行う場所を考える方法です。

 

先ほどもいった通り、日本において”6月の花嫁”になる条件が厳しいのは、「梅雨」に原因があります。

 

この梅雨が原因なのですから…簡単に言えば、梅雨のないところで、結婚式を挙げれば良いわけです。

 

ジューン・ブライドになるために♪おすすめの結婚式の場所

ジューン・ブライドになるために、おすすめの場所は・・・ズバリ、ヨーロッパです。

 

ヨーロッパで「ジューン・ブライド」という言葉が生まれた由来は諸説ありますが、その中の1つに、天候が良いから、という理由が含まれています。

 

6月はヨーロッパにおいて、一年でとても気候の良い日が多いので、金銭面の余裕があるならば、ジューン・ブライドの本場でもある、ヨーロッパで式を挙げるのがおすすめです。

 

ジューン・ブライドの生まれたところで、6月の花嫁になるだなんて、本当にステキだと思います。

幸せな結婚生活が送れそうですよね!

 

でも…ヨーロッパにて式を挙げるだなんて、到底出来そうにもない…

 

そんな人がほとんどだと思います。

 

国内でジューン・ブライドならズバリはココ!

それでも、大丈夫です。

実は、日本にも、ジューン・ブライドになれる場所があるんです。

 

それが、沖縄県北海道です。

北海道
 

まず、沖縄県についてですが…、沖縄県の梅雨は、平年通りに行けば、5月9日頃〜6月23日頃になります。

 

6月の下旬ギリギリにすれば、大抵は梅雨明けに式が挙げられます。

また、沖縄県の梅雨は、本州の梅雨とは違って、一日中降るというよりは、短期間にザーっと雨が降るため、濡れずに済むこともあります。

 

さらにおすすめなのは、北海道です。

北海道は、日本で唯一の梅雨のない地域になります。

そのため、6月でも、他の地域に比べて天気が崩れにくいんですね。

 

梅雨前線は近くまで来るため、気候が良いわけではありませんが、それでも本州で挙げるよりは、晴れの日の可能性も高いです。

 

入籍日はさておき、ジューン・ブライドに結婚式を挙げたいのであれば、ぜひ、参考にしてみてください(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ