引っ越しの挨拶にゴミ袋は失礼?!ゴミ袋を避けるべき理由は?

お引っ越しをされるときに、「挨拶回り」をする人もいらっしゃるともいます。

 

最近では、「挨拶自体をしない」という人も増えていますが、やはりご近所付き合いのためには欠かせないものです。

それに、やっぱり「マナー」という点を考えると、挨拶はしておいたほうがいいですよね(^^)

 

でも、ここで悩むのが「挨拶の際に持参する粗品」についてではありませんか??

粗品選びのポイントとしてはやはり、「安すぎず、高すぎず」という点になりますが、なかなか難しいものです。

 

引っ越しの挨拶の定番としては「タオル」や「洗濯洗剤」が思い浮かぶものですけど、正直タオルはどこのご家庭でも溢れている場合が多いですから、最悪の場合は「雑巾」になりかねません。

また、洗剤も「好み」があるので、必ず喜ばれるとは言い切れませんよね(^_^;)?

 

最近、よく目にするのが「ゴミ袋はありかなしか?」という質問です。

これは、正直避けたほうが良いものです(汗)

 

今回は、なぜ「ゴミ袋は挨拶の粗品としてやめたほうがいいのか?」についてご説明したいと思いまします!

 

スポンサーリンク


ゴミ袋を避けるべき理由とは?

ゴミ袋は必需品ではあるけど・・・

ゴミ袋は生活必需品であることは確かです。

現在は、自治体などの地域で決められた「指定ごみ袋」を使う場合がほとんどですよね?価格も、自治体によってまちまちですが、100円から200円程度が多いようです。

生活している以上、ゴミは必ずでますから、「ゴミ袋」はあるとありがたい存在であることは確かです(^^)

 

ですが、「挨拶の時に渡すもの」という点で考えてみるとどうでしょうか?

 

挨拶は、「相手の心を開かせ、相手の心に近づくための行為」です。はじめて合う方に、今度のお付き合いをお願いしに行くわけですよね?

挨拶には礼儀が必要です。つまり、挨拶の品にも礼儀が必要になるわけです。

 

ゴミ袋は、「ゴミ=汚物、いらないもの」を入れるためのものです。

挨拶の品にふさわしいと思いますか?確かに、必需品で役に立ちますが、礼儀の面では決してよくありませんよね?

 

見方によっては、極端ですけど「ゴミくらいきちんと捨てなさいね。」と言っているのと変わらないのではないでしょうか?

 

挨拶の粗品には、「実用性」や「手軽さ」も大切ですが、第一に「挨拶の礼儀に反していないか?」という点を考えなければいけません(汗)

 

よければ参考にして下さい!

>>実用性と手軽さも兼ね備えた引っ越し挨拶の粗品について。

 

今まで住んでいた所での挨拶にも避けるべき!

「引っ越しの挨拶」と聞くと、新居に行ってからの挨拶を想像するかもしれません。

でも、「今まで住んでいた所のご近所さん」への挨拶もしておきたいものです。

 

今まで住んでいて、「なじみの方であればいいのでは?」と思われるかもしれません。

 

でも、よく考えて下さい(^_^;)

これまで、少なからずお世話になった方へのお別れの挨拶のお供として、ゴミ袋を渡すっていかがなものでしょうか(汗)

 

先程も説明したように、ゴミ袋は「ゴミ=汚物」を入れるものには変わりありません(^_^;)

仲の良い人であれば、挨拶の際の話も弾むでしょうし、「これゴミ袋なんだけど、毎回買うと馬鹿にばらないから、使って下さい」なんて一言添えられるかもしれませんが、心のなかで相手になんて思われるか分かりませんよね・・・?

 

引っ越しをすれども、今後も何かしらのお付き合いがあるかもしれませんよね?

「立つ鳥跡を濁さず」の精神で、綺麗に別れのあいさつをすませる為にも、ゴミ袋は避けたほうが良いですよ。

 

最後に

以上が、「引っ越しの挨拶にゴミ袋を避けるべき理由」についてでした。

 

「できるだけ安く済ませたい」「できるだけ役に立つものを用意したい」と考えることは、素晴らしいことです(^^)!

でも、「挨拶の礼儀」だけは忘れないで下さい!

 

新居でのあなたの生活が素晴らしい物になることを願っています(^^)/

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ