5月からの日焼け対策!日焼けしやすい人の対策のコツ!

夏場に日焼けをしやすい人っていますよね。

お肌の強さや体質などによって、個人差もありますが、日本人は非常に日焼けしやすいタイプだと言われていたりします(^_^;)

あなたは、1年の中でもっとも日焼けしやすい季節をご存知ですか?

 

実は5月なのです。意外ですよね。
5月はまだまだ涼しい季節ですし、あまり知られていないので、この時期にうっかりしていると日焼けしてしまうことがあります。

 

日焼けをしやすい人ほど、5月からしっかりと日焼け止め対策をはじめてみましょう!

日焼け止め対策は簡単にできますので今日から実践していきましょう。

 

スポンサーリンク


日焼け止めは室内でも行うべし

日焼け止めは室内でも使いましょう(^^)

 

意外かもしれないのですが、日焼けをするのは外出時だけでなく、室内にいても、窓などから入る紫外線でお肌が焼けてしまいます。

室内で日焼けをしないために、朝の洗顔などをした時には、一緒に顔や腕などにまんべんなく日焼け止めを塗りましょう。

 

窓

 

日焼け止めは、ベタベタしないので気持ち悪くなることもありません。

一度塗ってしまえば、夜まで効果が持続しますのであとはなにもしなくても大丈夫です(^^)

 

車に乗っているときは手を日焼けさせないように注意しよう

車の運転中に手が焼けてしまうことは誰もが知っていますよね。

その場合には、手に日焼け止めを塗ってしまうか、手袋をするかで解決できます。

 

紫外線は体のどこに浴びてもいいことはありませんのでしっかりと対策しましょう。

 

ドライブ

 

首を忘れずに日焼け止めしよう

首はもっとも日焼け止めの塗り忘れが多い箇所です。

首だけ焼けてしまうと見た目もものすごく見た目も悪くなります。

 

顔は白いのに、首だけ真っ黒になっているとみっともないので、首も絶対に忘れないようにしましょう。

鏡で確認することができない箇所は、誰かに塗ってもらうといいですね(^^)

 

日焼け止め

 

「ビタミンの過剰摂取に注意しましょう」

ビタミンを過剰に摂取してしまうと、肌が焼けやすくなります。

言い方を変えると、綺麗に焼けてしまうので、肌を黒くしたくない方は、ビタミン・サプリメントを朝に摂取することは避けてください。

良かれと思って、摂取しているつもりでも逆効果なので気をつけましょう。

 

最後に、日焼けは若いうちは黒く焼きたいなどという欲求などもありますが、長い目でみるとおすすめはできません。

人間は死ぬまでに何十年間とありますので、若気の至りでお肌を痛めるることはおすすめできないので、よく考えて日焼け対策をしましょう(^^)

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ