5月に紫外線が強い理由!対策は夏になってからでは遅い!?

5月になぜだか、日焼けをしてしまうことってないですか?

5月は、初夏といったイメージはありますが、まだまだ春の気配も残っていたりしますから涼しい日も多いですよね。

 

でも、5月は絶対に気を抜いてはいけない時期なのです。

 

なぜかといいますと、5月は最も紫外線が強くなる季節だからです。

 

「えっ? 5月ってまだまだ過ごしやすい季節なのになんで!?」

 

・・と思われるかとおもいます。不思議ですよね。

 

スポンサーリンク


紫外線は真夏の前から強くなっているという事実

紫外線には、A波、B波、C波の3種類からできています。

そして、私達のお肌を焼いてしまう紫外線はA波と言われるものなんです(^_^;)

 

この紫外線がもっとも強くなる時期が5月~7月辺りだと言われています。もちろん、真夏も紫外線は十分強いので紫外線対策は欠かせません!

 

5月頃から紫外線が強くなる理由としては

 
  • 太陽の高度が高くなっていく(太陽との距離が近くなる。)
  • オゾン層が秋にかけて薄くなっていく
 

というものが主なものです。

 

太陽が近づくと、紫外線が人体に届くまでの距離が短くなって、冬よりも大気に邪魔されることが少なくなるので紫外線の力が強くなります。

また、オゾン層は地球にとって紫外線をある程度吸収してくれるバリアのようなものなのですが、それが薄くなっていく季節になっていくので、すでに5月頃から結構な紫外線が降り注いでいるということになるんです(^_^;)

 

 

ですが、8月は夏真っ盛りですので、どうしても思い込みとしては夏場だけ気をつけていれば日焼けはしないと思ってしまいますよね?

でも、それでは遅いということが言えます(汗)

 

日焼け対策は、女性だけのものではなく、男性もしっかりと対策をしなくてはいけません。

見た目などとは関係なく、お肌自体に非常に悪いので、夏の炎天下でお肌を焼くという行為は最悪です。

 

日差し

 

すぐにお肌へ影響はなくても、数年後、10年後など長い期間を経て、シミやくすみなどとして現れてきます。

歳をとると、加齢によってシワやシミなどが出てきますが、日焼けをしている人は余計に酷い症状になってしまうこともあります(^_^;)

将来のためにも、日焼け対策をはじめていきましょう。

 

日焼け止めは使い分けることがポイント!

紫外線A波を防ぐためにも、日焼け止めは必須です。

日焼け止めは、種類がたくさんありますのでどれを選べばいいかわからない場合には、おすすめの選び方があります。

 

その選び方は、状況に応じた使い分けで選ぶということです。

 
  • 外出用
  • 室内用
 

この2つを購入しましょう(^^)!

日焼け止めは、海や山など紫外線を大量に浴びる場合に使用するタイプと、室内で使用するタイプに分かれていますので買い分けましょう。

プールや海で使う日焼け止を選ぶポイントはこちらの記事でも紹介しています(^^)

 

詳しい数値などについてですが、わからない場合は店員さんからアドバイスを受けて、あなたのお肌にもっとも合う日焼け止めを選びましょう。

 

日焼け止めクリーム

 

5月は最も紫外線が強い季節ですが、知らないという人も結構多いものです。

もし、あなたのまわりで紫外線対策をしていない人がいれば教えてあげましょうね(^^)!

 

小さなお子さんがいる家庭でしたら、外へ外出されることも多いかと思います。

お子さんの将来のためにも、お肌を守ってあげましょう。

 

生まれつき、お肌が弱いお子さんですと紫外線は刺激が強すぎますので充分気をつけるようにしましょう。

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ