バレンタインの義理チョコの予算は?あげればいいってもんじゃない!

バレンタインデーで職場の上司や同僚などへ渡す、義理チョコレートの予算はどのくらいにするべきか?

 

バレンタインデーが近づいてくるとこのような悩みを持つ人が増えてくるのではないでしょうか。

義理チョコレートといえど、お金がかかってくるので予算はそれなりに大切です。

 

一般的には、義理チョコレートの予算は500円~1000円程度と言われているのですが職場の同僚や上司が何名いるかによっても予算を変更していくべきですよね。

 

スポンサーリンク


義理チョコの予算はトータルで考えましょう

例えばですが、義理チョコレートを贈る男性が5名程度でしたら1名あたり1000円程度の予算でも間に合うと思います。

 

ですが、中には10名以上の男性に義理チョコを送らなければいけない女性の場合は予算を500円以下に抑えるべきです。

1人あたりに1000円以上かけているとバカにできない金額になってしまいますよね(^^:)

 

内容量がたくさん入っているチョコレートを一度に男性に渡すことで予算を大幅に抑えることもできます。

 

ですが、ここで1つだけ注意しておくべきことがあります。

それは「すべての男性が義理チョコレートを欲しがっているわけではない」ということです。

 

ダメ

 

毎年儀式のように、職場で義理チョコレートを渡しあう習慣になってはいるが実際に義理チョコレートを貰って嬉しいと感じている男性は少ないはずです。

なぜならば、男性は女性から義理であれチョコレートを受け取ったらお返しをしなくてはいけないからです。

 

お返しといっても、お礼ではなくて、何かモノを贈らなくてはいけないので絶対に「お金」が発生してくるので決して無視はできないことです。

 

こういった場合には、直接男性に「義理チョコレートいらないですよね?」と思い切って聞いてしまうことが大切なのかもしれないです(^^)

思い切って職場全体で、「バレンタインデーに義理チョコ禁止」を決定してしまえばいいです。

 

ダメ

 

最後に

最後に、義理チョコレートを贈る場合の予算と注意点についておさらいします。

  • 義理チョコの予算はなるべく安くすませることが大切(男性のためにも)
  • すべての男性が、義理チョコレートを欲しがっているわけではない
  • 少人数に義理チョコレートを渡す場合でも、予算は1人1000円程度に抑えること
これらの注意点を守っていけば、義理チョコレートを受け取り側の男性のためにもなります。

今年のバレンタインも楽しく乗り切ってください。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ