バレンタインの義理チョコ!男の本音は「いらない」!?

「バレンタインに貰う義理チョコは正直いうと欲しくない」

 

実はこのように考えている男性は多いです。

義理チョコは所詮、義理チョコですから気持ちがこもっていない贈り物を貰ってお返しにまた気を使うのは非常に面倒なことですよね。。。

 

実際に、職場の女性からチョコレートをもらったときには笑顔だけれども、本音は「あんまり欲しくはないよな~」と感じてしまいますよね。

 

スポンサーリンク


そもそもバレンタインとチョコレートは無関係・・・

バレンタインデーというのは、そもそも、海外の文化ですが日本の定着したのは海外とは違うタイプの習慣になっています。

どういうことかといいますと、海外のバレンタインデーと日本のバレンタインデーの違いは「感謝を伝える」というポイントにあります。

 

海外では、恋人に贈り物をするのですが、同時に家族や友達などへ日々の感謝の気持ちとしてメッセージカードやプレゼントを贈る日でもあります。

バレンタインデーは恋人や意中の男性にプレゼントを贈るだけのイベントではないということです。

 

ですが、日本はどういうことかというと、海外とは変わって恋人や告白のために使われてしまいます。

 

「親に感謝の気持ちを伝えるためにチョコレートを贈りますか?」。。。

 

贈らないですよね!

 

日本は女性から男性へプレゼントを渡すという一方通行ですので2月14日のバレンタインデーに男性から女性へプレゼントやチョコレートを渡すことは滅多にないはずです。

 

贈り物

 

義理チョコなんて本場では意味不明?

更に、海外のバレンタインでは考えられない「義理チョコ」という文化まであります。

建前で渡す義理チョコレートですが、海外ではこのように義理として贈るという概念すらありません。

 

実際に、日本人男性もこの義理チョコには悩まされていることは事実です(^^:)

 

女性から欲しくもない義理チョコレートをもらって3月14日のホワイトデーにお返しをしなくてはいけないので本当に不毛な行為だといえます(^_^;)

 

恐らく、女性も同じく、あげたくもないのに男性へ義理チョコを贈らないといけない立場にいる場合だと辛いですよね・・・

 

考えるビジネスマン

 

NOと言える日本人になってもいいのでは??

この「義理チョコ問題」を解決するには、やっぱり、男女ともに「義理チョコはいらないよ」と言うべきです。

お互いにムダな気を使ってまでする行為ではないですし、お金もムダになりますよね!

 

このままでは、完全に日本のお菓子メーカーの戦略にハマっている状態なのでムダだと感じた方は、義理チョコはいらないと女性に宣言してしまうのが正しいのかもしれません。

 

【義理チョコ関連記事】

バレンタインの義理チョコを安く済ませるおすすめの方法!

バレンタインの義理チョコ!渡すマナーを知らないとトラブルに?


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ