バレンタインの義理チョコ!渡すマナーを知らないとトラブルに?

学生にとって、2月14日のバレンタインデーは男女ともにドキドキして楽しいイベントですが社会人になると、学生時代の頃とは違い、非常に面倒な1日になってきたりします(^_^;)

 

社会人になると、女性は基本的に職場の上司であったり同僚の男性など普段の生活に関わっている男性へ義理としてチョコレートを贈るケースがあります。

職場によって様々だとはおもうのですが、大抵の職場では義理チョコレートとして渡す習慣になっていたりしますよね?

 

では、今回は義理チョコレートを渡す場合にマナーをご紹介します。

 

スポンサーリンク


義理チョコを渡すときに注意するポイント!

義理チョコレートをバレンタインに渡す場合に気をつけるべきことがいくつかあります。

 

注意点① 相手を勘違いさせないこと

いくら義理チョコレートだからといって、立派な既成品のチョコレートを渡してしまうと、男性によっては「自分に恋愛感情があるのではないだろうか?」と思い込んでしまう厄介な場合があります。

 

日本人は本音と建前があるので、わざわざ義理チョコレートをときに「義理チョコですが、貰ってください」なんてことは言わないですよね。

義理チョコレートを渡す際には勘違いさせないために1人に渡すのではなくて、複数人に同時にチョコレートを渡すことがベストです!

 

例えばですが、相手が一人のときに渡すのではなくて男性が複数人でいるときに、同時に渡してしまうことがいいのではないでしょうか。

 

プレゼントとメッセージ

 

注意点② 義理チョコレートの値段に気をつける!

つまりは、義理チョコを渡す場合に高額なチョコレートを渡してはいけないのです。

日本のバレンタインは、女性から男性へ渡す一方通行の習慣ですので貰った男性は、最終的にはお返ししないといけなくなるのです。

 

数千円単位のチョコレートを渡してしまうと男性はそれよりも高いお返しをしないといけなくなるので女性は義理チョコを贈る場合でも相手の気持ちを汲み取って渡してあげてください。

 

チョコレート

 

注意点③ 既婚者の男性へ義理チョコレートをあげない!

これは非常に大切です。

既婚者の男性へ義理チョコは基本的にNGです。

奥さんや子供さんのことを考えると渡さなくてもいいと判断できます。

 

既婚者の男性も数多くのチョコレートを貰ってもお返しに困りますので未婚者への男性や上司などへは義理としてチョコレートを贈ることをおすすめします。

 

手作りチョコ

 

これらの3つのポイントを理解してことしのバレンタインも義理チョコを渡してみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ