社会人のバレンタインプレゼントの予算!ケチる気持ち出てません?

「社会人はバレンタインに予算をどのくらい使ったほうがいいか?」

 

社会人になると、毎年バレンタインには好きな相手へプレゼントを贈ったり会社の上司に義理チョコレートをわたすこともあるかもしれないですよね。

 

ですが、社会人になると学生時代と違い、一般的なマナーを考えてどのくらいの予算をバレンタインに使うべきか?迷ってしまうことはありませんか?

 

こういった悩みは、友達に聞くことも少ないと思うのでどのようにするべきかわかりませんよね。

スポンサーリンク


金額が問題ではないが”ケチ”は厳禁!

社会人になって、お金をケチることはおすすめできません。

バレンタインデーはじつをいうと、感謝を伝える1日でもあります。

日本では、好きな人へチョコレートを贈る一日として考えられていますが本来は、感謝を友人や家族など親しい人間に伝えるイベントでもあるのです。

 

そういうことを考えると、お金をケチってしまうということは相手を思いやる気持ちがかけてしまっているということになります。

 

予算額の大きさ=気持ち

 

を表すわけではないのですが少なくとも、相手へ感謝の気持ちがあればお金をケチる。という考えになることは少ないはずです。

 

感謝の気持

 

例えばですが、男性上司へ義理としてチョコレートを渡すよりも何か、マッサージ器具や健康サプリメントなどを贈ったほうが絶対によろこばれます。

年齢を重ねるごとに甘いものを食べなくなる人が多いのでチョコレートよりも貰って嬉しいものはたくさんあるはずです。

 

日本酒が好きな上司であれば、好きな日本酒の一升瓶をプレゼントしたりと何かしら工夫することで、最高のバレンタインデーになるはずです。

予算は1人あたり3000円前後もあれば購入できます。

 

反対に、交際をしている男性へ贈るバレンタインプレゼントは「1万円前後」は必ず使用するべきではないかとおもいます。

1年に一回だけのバレンタインです。お金をケチることなく相手の男性が好きなモノをこっそりと購入して贈ってあげましょう。

 

プレゼント

 

また相手が誰であっても使える、プレゼントの格をあげる効果的な方法としておすすめしたいのがメッセージカードです!

 

職場でのバレンタインは渡す人が多くて「一人ひとりに何千円も使ってられない!」ということもありますよね(^_^;)

そういった時はメッセージカードに一言でいいので感謝の気持を書いて、それをプレゼントに添えましょう(^^)

 

少々安い金額のプレゼントでもあなたの気持ちがプラスされますので好印象間違いなしです!

 

高すぎるプレゼントはかえって迷惑?

予算をかけすぎてしまうと、相手の男性がお返しに困ってしまうので数万円するプレゼントなどは基本的にNGです。

 

男性は女性から貰ったプレゼントの2倍ほどの価値があるモノを贈りたくなるので男のプライドを尊重してあげることもじつは大切だったりもします。

 

このように、社会人には社会人なりのバレンタイン予算がありお金の使い方があります。今年のバレンタインデーは昨年とは一味違う形で過ごしてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ