テフロン加工とフッ素加工の違い!どちらのフライパンがいいの??

焦げ付かないフライパンは料理をする方であれば欲しい調理用品の一つではないでしょうか?

 

少ない脂で焦げ付かなければ料理もヘルシーに仕上がりますし、何よりお片づけが楽ですよね!

 

でも、フライパンを買いに行くと気づく方もいらっしゃるかもしれませんが、よ〜〜くフライパンのラベルを見ると

 

「テフロン加工」「フッ素樹脂加工」

 

と表示されているものがあるんですよね(^_^;)

 

フライパン

 

どちらも謳い文句は「焦げ付かない!」とあります。

 

一体何が違うのか??

 

実は私、ホームセンターの日用品売り場で働いていたことがあり、よくこの質問を受けていました!

 

ということで今回はその経験も活かして「テフロン加工」と「フッ素樹脂加工」の違いについてまとめました!

フライパン選びのお役に立てれば幸いです(^^)

 

スポンサーリンク


テフロンとフッ素樹脂、実は・・・!

まず最初に衝撃の事実をお伝えします(笑)

 

実はテフロンもフッ素樹脂も同じものなんです!!

 

これは、ウソではありません。

 

テフロンというものはフッ素樹脂の一種です、アメリカのデュポン社の登録商標なんです。

つまりテフロン加工=デュポン社のフッ素樹脂をつかった加工ということになります。

 

フッ素樹脂のブランド名なんですね(^^)

 

デュポン社のフッ素樹脂でコーティングされたものをテフロン加工とよんでいるだけなんです。なんだかややこしいですね。

 

行ってみればソニーのポータブルオーディオプレーヤーだけがウォークマンと言えるのと同じです!

 

イヤホン

 

フッ素樹脂加工とテフロン加工の差は性質的にはほとんど違いがないのですが、テフロン加工は最低でも2層以上のコーティングになっていて耐久性が高くなっています。

また、コーティングの厚みなどの基準もしっかりと決まりががありますから一般にテフロン加工のほうがフッ素樹脂加工とのみ表示されているフライパンよりも性能も耐久性も高い場合が多いんです。

 

だから、フッ素樹脂加工よりもテフロンのほうが丈夫と言われることが多いんですね。(^^)

 

コーティングの層が少なかったり薄かったりすると、ヘラなどですぐに傷んでしまったり、熱による劣化も早いのでテフロン加工と表示のある物よりも焦げ付き始めるのが早い傾向にあります。

 

フッ素樹脂加工とテフロン加工のフライパンで迷ったら、まずはコーティングが何層なのか確認してみるといいですね(^^)

 

余談ですが、最近ではフライパンのコーティングに「マーブルコート」「ダイヤモンドコート」といった加工がされているものがありますが、実はこれもフッ素樹脂加工の一種!

 

フッ素樹脂の強度や耐久性をあげるために大理石の粒子やダイヤモンドの粒子を配合したものなんです!

 

マーブルコートフライパン

 

テフロン加工は7つのグレードがある!

テフロン加工はコーティング厚さや耐久性の違い、フライパンや鍋に使われている鉄板の素材などでなんと7つものグレードに分かれています!

グレードは以下の通りです。

 

耐久性グレード名称耐久指数
(デュポン社の定めるもの)
コーティングの階層コーティングの厚み基材の材質
高いテフロン
プラチナプラス

7003層+特殊ベースコーティング45ミクロンアルミ
テフロン
プラチナプラス
ステンレス
7003層+特殊ベースコーティング45ミクロンステンレス
テフロン
プラチナ
6003層42ミクロンアルミ
テフロン
ラディアンス
4003層フライパン35ミクロン
鍋30ミクロン
アルミ
テフロン
プレミアム
3003層フライパン35ミクロン
鍋30ミクロン
アルミ
低いテフロンク
ラシック
1002層25ミクロンアルミ

 

一口にテフロンと言ってもこれだけの種類があります。耐久指数が低いと、金属のヘラでこすってしまったりするとすぐにテフロン加工が傷つきそこからどんどん劣化してしまいます。

 

せっかく買うなら長く使いたいでしょうから少しでもいいランクのテフロン加工のフライパンを選んだほうがいいですよ(^^)

 

値段ばかりでなく、ラベルに書かれている特徴もチェックするようにしましょう!

 

安いからといって買っても「金属ヘラの仕様は避けてください」と書いてあることにあとから気づいてしまったら困ってしまいますもんね(汗)

 

調理用品

 

また、フライパンのラベルや説明書には使用時の注意事項がきっちり書かれています。

「フライパンの説明書なんか見たことないよ!」という人が多いと思いますが、一度は目を通しておくといいですよ!

 

いままで当たり前と思っていた事がフライパンの寿命を縮めることにもなりかねませんからね(^_^;)

 

【関連記事】

テフロン加工フライパン!正しい使い方で長持ちさせよう!

テフロン加工のフライパンを長持ちさせる洗い方!重曹使ってますか?


あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ