お正月はいつまで?あけましておめでとうはいつまで言えるの!?

お正月ほど日本中がムードに染まってしまう行事て

他にはないですよね!

 

テレビも新聞も、街も全てか「お正月ムード」

全開になります(^^)

 

「あー、新しい年になったんだなぁ」と嫌でも感じて

しまいますよね!

 

初詣

 

ところで、お正月っていつが終わりか知ってますか?

いつの間にか会社に行き始め、気づいたらいつの間にか

世の中通常運転になってしまってますよね?

 

社会人だとしばらくぶりに会う場合の挨拶も

「あけましておめでとう」っていつまで言っていいのか・・・

 

お正月が終わっているのに「あけましておめでとう」も

ありませんからね(^_^;)

 

果たして「あけましておめでとう」はいつまで言っていいの

でしょうか?

スポンサーリンク


3が日以降もお正月は続いています!

1月中はお正月!?

年が明けた元旦から3日間は「三が日」と言われますよね?

この3日間は誰がなんと言おうとお正月!

 

お正月中のお正月です(笑)!

 

ややこしいのはここから先の期間!

一般に会社勤めの方は4日から仕事が始まる場合がほとんどですよね?

 

新年のあいさつ回りなんかもありますが、基本的にはいきなり

通常業務という場合が多いと思います。

 

では、一体いつまでがお正月なのでしょう?

 

実は1月は別名を”正月”と言います。

つまり1月いっぱいがお正月といえばお正月なんです(^_^;)

 

でも、さすがにいつまでも正月気分でいるのも浮いてしまいますよね・・・

 

でもご安心ください!いいタイミングがあります(^^)

 

実際には世の中がお正月から切り替わるタイミングとしては”松の内”

基準にしている場合が多いんです!

 

お正月飾り

 

松の内という言葉を知っていますか?

実はお正月という言葉とは別に「松の内」という言葉があります。

松の内とは、簡単に言うと”正月飾りを飾っておく期間”です。

 

現在は関東では1月7日までが主な期間とされています。

関東では江戸時代頃から7日までが松の内とされていたので

特に問題はありませんが、関西では1月15日までを松の内

としているところもあります。

 

あけましておめでとうも松の内くらいまでを目安に使おう!

さて!お正月の挨拶といえばやはり

 

あけましておめでとうございます。

 

ですよね?

 

こちらも当然「いつまで言っていいのか?」という疑問があると思います。

 

「あけましておめでとうございます。」もお正月の挨拶なのでできるだけ

松の内までには挨拶を済ませておくのがいいですよ!

 

新年の挨拶

 

ただ、お仕事の取引先の方々との挨拶は予定もありますからなかなか

いいタイミングで挨拶できないということもあると思います。

 

そんなときは、

 

「おそくなってしまいましたが」「お正月の挨拶がまだでしたので」

 

などと、一言添えて新年のあいさつをすれば問題なしです(^^)

せっかく礼儀を重んじて挨拶したのに

 

「この人まだ正月気分か?」

 

なんて思われてしまってもつまらないですからね(^_^;)

 

最後に

子供の頃は永久にお正月が続けばいいのに・・・

(お年玉がもらえるから・・・)

なんて思ってましたが、大人になるとそんなこと思ってる暇も

ありませんよね(^_^;)

 

にも関わらず、切り替えのタイミングがなんとなくわからない

という方のお役に立てれば幸いです。

 

次のお正月からスマートに切り替えて行きましょう!

 

ちなみに私は2月になっても仕事の取引先さんに年明け後に初めて

あった時には「今更ですけど」なんて言って挨拶してました(笑)

 

 


あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ