街と町の違いは何?はっきりとした使い分け方はあるの?

「まち」という言葉がありますが漢字では

「街」と書いたり「町」と書いたりしますよね?

 

「まち」という同じ読みを使う時、文字の違いにどんな

意味があるのか知っていますか?

 

「街」は商店街などというふうに使われますね。

一方、「町」は自治体名や区画名などに用いられていることが

多い気がします(^_^;)

 

「そういうもの」として気にしなければそれでいいのですが

気になると眠れなくなるので調べてみました!

 

使われているシーンに何かヒントがありそうだなと思ったりしています。

 

今回は「街」と「町」の違いと使い分けについてまとめてみました。

スポンサーリンク


「街」と「町」意味の違い

辞書には答えがない!?

日本語を調べるなら「辞書」ですが「まち」を調べると困ったことに

町と街がひとくくりりになってしまっています。

ちなみに内容は以下のとおり

 

まち【町/街】

1 住宅や商店が多く人口が密集している所。都会。「―に住む」

2 (「街」とも書く)商店の並ぶにぎやかな場所。市街。「―をぶらつく」

3 地方公共団体の一。市と村の中間に位する。→ちょう(町)

4 市や区を構成する小区画。

5 田の区画。区画されてある田。

6 人家が密集し、道路で分かれた一区域。

「中宮の御旧(ふる)き宮のほとりを、四―を占めて造らせ給ふ」〈源・少女〉

7 物を商う店の集まった場所。市場。

「帷(かたびら)を脱ぎて童子に与へて―に魚を買ひに遣りつ」〈今昔・一二・三五〉

8 宮殿または邸宅内の一区画。

「姫君のおはします―は…さまことに造りみがき」〈夜の寝覚・五〉

引用元:goo辞書

 

意味はだいたいあなたも知っているような感じではありませんか?

行政区分、人口密集地(田舎の反対)、人家が密集した区域など

 

「知ってるわい!そんなこと!」

 

と言いたくなる答えしか辞書にはのっていませんよね。

 

辞書は万能ではないようです(^_^;)

 

辞書から読み取れることは

「町」と「街」は意味は同じということでした(汗)

 

上手に使い分けるにはイメージ力!?

①固有名詞はそのまま!

当然ですが自治体の名前や「城下町」や「本町」など言葉として

成り立っているものはそのまま使います!

 

変に気取って「城下街」などと書いてしまうと日本語として

間違いになってしまいますので当たり前ですよね。

決まっている名詞にはそのまま従いましょう(笑)

 

②自分でどうしようかな?という時は「面」か「線」か!

実際に問題となる時はあなたが「文章を書く時」だと思います。

そのとき「町」にしようか「街」にしようか悩んだら

 

「面」か「線」か、または「人工的・計画的な”まち”どうか」で考えると

うまく使い分けられます!

 

まずあなたが「町」か「街」のどちらで表現しようか迷っている

場所の具体的なイメージをしてみてください。

 

「街」は商店街や市街地などという単語があるように

人工的に作られた建物の密集地域を指しています。

通り(道路)に面して作られた区画や行政の計画によって

整備された地域です。

 

ですから「新宿のまち」を想像すれば当然人工的に会社や店舗が

密集した風景を思い浮かべるので「街」が意味的にも文字の見た目的にも

ふさわしいものと言えます。

 

街

 

また、「学生のまち」を想像しても学校を中心として学生のために

作られた風景が思い浮かびませんか?

 

学生がメチャクチャたくさんいる自治体レベルの「まち」の風景が

思い浮かびませんよね?

この場合も「町」よりも「街」の方がふさわしいと思いませんか?

 

逆に「自分の生まれ育ったまち」を表現する場合は

意味として「自治体」や「地域」を表現したい場合は「町」

逆によく毎日通っていた繁華街や商店街を表現するのであれば

「街」がふさわしいと考えることも出来ます。

 

自治体や広い地域としての「町」は「街」よりも広い範囲の

自然と成り立った地域を指しています。

 

線に沿って作られた「街」よりも広い「面としての町」です。

 

しかし、それだけでは区分けしきれない場合もあります(^_^;)

 

都会で生まれ育った場合はどこまでも人工的な街ですから

広い範囲でも「街」のほうがしっくりきますよね(^^)

 

町

 

消去法として「街」であるかどうかを考えて当てはまるならば「街」を

そうでないならば「町」を使うというふうに考えておくとよりどちらの

漢字にしようか選びやすいかもしれません。

 

最終的にはあなたのイメージと「町」と「街」を上手く結びつけることが

上手く使い分けるポイントになります。

 

「街」も「町」意味の違いが不明確な以上どちらを使うかは

あなた次第です!

 

最後に

日本語はとても奥が深いですね(汗)

正直な所どれだけ新聞や本などの活字を読んで

使い分けるためのボキャブラリーを増やすかが

最終的には上手く使い分けることに繋がるの

かもしれません!

 

文字を書く時に選択肢があって表現方法が多いのが

日本語の難しさ です。

 

こんなことを言っては身も蓋もありませんが

「習うより慣れろ」ですね(^_^;)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ