2016年選抜高校野球!滋賀学園の戦力分析とメンバーまとめ

今回は、強豪がひしめく近畿大会で見事準優勝に輝き、春の選抜へ初出場となる

 

滋賀学園

 

の戦力とメンバーについて見ていきたいと思います!

昨年秋は、滋賀県大会では3位とギリギリで近畿大会へコマを進めた滋賀学園でしたが、近畿大会が始まってみると快進撃を見せ準優勝。その原動力となったのは1年生(新2年生)ピッチャーでした。

甲子園でも快進撃を見せてくれるのか注目です!

スポンサーリンク


滋賀学園の戦力分析!

投手力

滋賀学園を甲子園に導いたと言っても過言ではない新二年生エース・神村投手は沖縄県出身の右腕。直球は最速144キロをマークしている本格派です。

神村投手はスタミナも抜群で、近畿大会では4試合すべてを一人で投げ抜き失点はわずか5点。防御率は1.84というのも驚きです。特に延長戦となった報徳学園戦でも14回を完投。終盤になっても球威が落ちないスタミナです。

決勝の大阪桐蔭戦でも被安打4に抑えるピッチングで、破れはしたものの高い能力を見せています。

 

どうしても神村投手に注目してしまいますが、2番手以降の投手陣も充実。

打者の手元で動く変化球が持ち味の奥東投手、スライダーを武器にコーナーを突くピッチングが売りの棚原投手、左腕・沖田らの投手が県大会では登板しています。

神村投手を絶対的エースとしながらも、いざとなったら対応可能な投手が揃いる層の厚い投手陣です。

 

【滋賀学園投手陣の公式戦成績】























神村月光(2年)95163
2/3
45461815131.84
奥東草太(3年)2008
1/3
306444.32
沖田大輔(2年)1002
1/2
110000.00
棚原孝太(2年)40
09
2/3
731332.79

 

攻撃力

滋賀学園のチーム打率は.360。スターティングメンバー9人のうち4人が4割超え、3割超えとなると7人となる強力打線です。公式戦の平均得点は6.4点を誇ります。

1番の徳留は新潮186センチの大型選手。打率.439と当たっており、初球からフルスイングで先陣を切ります!

その後に控えるクリーンナップも当たっており、3番後藤が打率.424、4番の馬越は打率.441で打点1が6、そして5番の松岡打率.382で打点が11と勝負強さが数字からもうかがい知れます。

それ以降も6番の山口は打率.444,8番の小浜も.314と下位になっても切れ目なく繋がる打線は強力です。

 

【ダイナミックなスイングで一発に期待!4番馬越選手のホームラン!】


そして特徴的なのが常時スタメンの6~7人が左バッターである点です。

通常だと、”左投手には弱い”と言われがちな左打者ですが、近畿大会は地区屈指の左腕を相手にも打ちまくっており、特にプロも注目の大阪桐蔭のエース左腕高山からも11安打と結果を残しており、甲子園での爆発にも期待が持てます!

 

【滋賀学園のメンバーと公式戦個人成績】

















神村
月光
992430122.125
後藤
克基
31033140547.424
馬越
大地
410341531626.441
井川
21031100623.323
松岡
立城
510341301155.382
小浜
崚史
81035110611.314
山口
竜輝
61027120415.444
西村
大樹
7103490824.265
徳留
魁人
11041180334.439
奥東
草太
22200001.000
沖田
大輔
1200000.000
山田
偉琉
0
大谷
0
下河内
景太
3310001.333
中西
亮太
0
黒川
4210010.500
今谷
真一郎
1100100.000
棚原
孝太
0

滋賀学園は2009年夏の甲子園に出場しましたが、未勝利。

ですが、昨年秋の成績を見ると今年の春は、甲子園での初勝利が十分狙えますね!

 

2年生エースが甲子園でも活躍できるか注目です!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ