ハロウィンてどんな行事?起源や由来を子供に教えてあげよう!

ハロウィンは仮装や飾り付けなどがあってとても楽しい

行事ですよね(^^)

 

ですが、「輸入された文化」なので

 

「なぜ仮装するのか?」「なぜカボチャを飾るのか」

 

などわからないことも多いはずです。

 

一言で言えば「日本のお盆と収穫祭が合体したようなもの」ですが、

それだけでは釈然としないですよね(^_^;)

 

最近では幼稚園や学校の行事で取り上げられることも多いようです。

また、学校以外でも子供会での行事などでパーティーが催されたり

各地でもイベントが開催されたりと人気があります。

仲良しの友達同士でパーティーを行うことも多くなっています。

 

私が子供の頃は言葉は知っていても「完全にスルー」だったので

いざ説明しろとなるとよくわかりません!

 

困る

 

幼稚園・小学生のお子さんをお持ちのお父さん・お母さんも同じように

良くわからないという方も少なからずいらっしゃるのでは?

 

そこで、今回は子供にも説明できるようにできるだけシンプルに

要点を絞って「ハロウィン」についてまとめてみました!

スポンサーリンク


ハロウィンの由来は何?いつから始まったの?

ハロウィンは古代ケルト人のお祭りに由来するものです。

古代ケルト人とはかつてドイツや、イギリスなどヨーローッパで勢力を

持っていた民族です。

 

古代ケルト人は1年の始まりを冬としていました。

11月1日が1年の始まりで、10月31日が1年の終わり。つまり大晦日でした。

 

古代ケルトの人たちは1年の終わりに夏から秋の「太陽の季節」を神様に感謝して

収穫した作物や動物を捧げてお祭りを開きました。

 

これが「ハロウィン」の起源です。

 

ハロウィンイラスト

 

なぜお化けの仮装をするの?

古代ケルト人の間では、10月31日は死者の霊が家を訪ねてくるとも信じられていました。

 

10月までで「太陽の季節」が終わり11月になることは「新年」でもありながら「闇の季節」

の始まりでもありました。なぜ死者の霊がやってくるかというと「闇の季節」には

「この世」と「あの世」をつなぐ門が開くからと言われていました。

 

門が開くと「先祖の霊」が帰ってきます。日本のお盆のようなものですね(^^)

 

しかし困ったことに門があいてしまってるので「悪魔」や「魔女」など人間に

悪さをする霊まで一緒にやってきてしまうとも考えられていて、それを追い返す

「魔除け」の対策をしていました。

 

この「魔除け」の考えから、仮面をかぶって悪い霊をビックリさせて追い返したり、

焚き火をしたりして悪い霊を寄せ付けないように対策するという習慣が生まれました。

 

これが転じて、仮装したり「カボチャ」を繰り抜いたランタンに火をともすという

習慣に変わっていったのです。

飾り付けなどが、コウモリや教会、魔女などが多いのもこういったところに

理由があります。

 

魔女の仮装

 

カボチャのランタン(提灯)はなぜ作るの?

カボチャのランタンは「ジャック・オー・ランタン」と呼ばれるものです。

 

ハロウィンのかぼちゃ

 

これは、スコットランドの以下の様な伝説に由来しています。

 

お酒ばか飲んでいて悪魔さえもだましていたジャックと言う人が、

死んでも良いことをしていなかったので天国へ行けず

悪魔をだましたので悪魔にも嫌われて地獄へも行けず

提灯をもってこの世をさまよっている。

 

ジャックの霊は安住の地を求めてさまよっていますが、人間に悪いことはしません。

迷った人間に道案内をしてあげたり、悪い霊を追い払って良い霊を人間のもとに

導くと言われています。

 

また、もともとは「カブ」を繰り抜いてランタンを作るのがでんとうてきですが、

アメリカにハロウィンが伝わり、今のような「オレンジ色のカボチャ」に変わりました。

 

お子さんに説明する時の3つのポイント!

ハロウィンはヨーロッパのお祭りの一つです。

 

①今年も無事に作物がとれたりして生活できたことを神様に感謝して

お祭をしたのが始まりです。

 

②ヨーロッパでは冬になると悪い悪魔がやってきていたずらをすると

信じられていました。

だから、人間もお化けのような怖い格好をして悪魔をびっくりさせて追い返す

ようにしたり、カボチャを怖い顔の形にくりぬいて悪魔がこないようにしました。

 

③カボチャのお化けは生きている時にお酒ばかり飲んで仕事もせずに

悪魔を騙したりしていたジャックと言う人のお化けです。

このお化けは悪魔を追い払ってくれたり、ご先祖様などの良い霊を

連れてきてくれると言われる良いお化けです。

 

最後に

以上がハロウィンの由来とお子さんに説明する時の3つのポイントでした。

ハロウインには

 

「ちゃんとまじめに生きていないと天国にも地獄にも行けない」

 

という結構子供心には響く内容のいましめも含まれています。

 

「いうこと聞かないとカボチャのお化けにになちゃうよ!」といった

感じで教育にも良いかもしれませんね(^^)

 

ぜひ、お子さんに話し聞かせてあげてハロウィンを親子で楽しめる

ようにしましょう!

 

お子さんは感受性が豊かです!

お友達とハロウィンごっこなど盛り上がるかもしれませんよ(^^)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ