2016年選抜高校野球!花咲徳栄の戦力分析とメンバーまとめ!

今回は、関東大会でベスト8入りを果たし見事に選抜出場枠の最後のイスを勝ち取った

 

花咲徳栄高校

 

の戦力分析とメンバーについて紹介したいと思います。

花咲徳栄は2015年夏の甲子園ではベスト8に進出。優勝校の東海大相模をもっと苦しめたチームとしても記憶に残っている方も多いのではないでしょうか?

その優勝校に噛みつく粘り強さは今チームにも健在!2015年秋の関東大会でもやはり優勝校となった木更津総合を相手に1対2と惜敗したものの熱戦を繰り広げました。

ベスト4の外からのセンバツ出場を勝ち取ることができたのは、この1戦が評価された部分も少なからずあるはずです!

それでは、花咲徳栄の戦力分析とメンバーについて見ていきたいと思います!

スポンサーリンク


花咲徳栄の戦力分析!

投手力

投手陣の要は、最速145キロの速球が売りのエース左腕・高橋投手です。

昨年の夏の甲子園でも、抑えとして甲子園のマウンドにもたちベスト8入りに貢献したドラフト候補の呼び声も高い絶対的エースです。

秋季大会では、関東大会を2試合を含め秋の公式戦7試合に登板し48回を投げ防御率は1.50。関東大会ベスト8ということで登板回数が若干少なく感じるものの、防御率から安定感の高さが分かります。

球種もストレートに切れの良いスライダー、フォークに加えカーブ、スクリューと多彩。

木更津総合戦でも、4安打2失点と好投を見せており、全国レベルの打線を相手にも十分に抑えられる力は健在です。

 

控え投手としては新2年生とばる綱脇、清水が成長してきており、エースを支えていくことができる体制が整えば投手力は格段にアップすることが期待されます。

選抜での投手陣に注目です!

 

【安定感のあるエース高橋のピッチング】


&nbasp;

【花咲徳栄の投手陣公式戦成績】























高橋昴也(3年)75048325512981.50
清水達也(2年)4008
1/3
1445655.40
瀧口蓮(3年)40
010
2/3
5105221.69

 

攻撃力

攻撃陣の中心となるのは、旧チームでも3番に座っていた岡崎選手。

ミート力の高い巧打者で秋も.419と高打率をマークしています。

続く4番の隈本選手は身長187センチの大型外野手で、秋は打点17と勝負強さを発揮しています。

 

また、バットコントロールが上手いという点では、打率.333の1番の千丸選手にも注目です。

そして、下位打線にも打率.429の西銘打率.333で一発も期待できる野本選手らがおり、上位から下位までしぶとくつなぐ攻撃が売りとなっています!

 

【花咲徳栄のメンバーと公式戦個人成績】

















高橋
昴也
871620354.125
野本
真康
992791887.333
西銘
7928120613.429
千丸
1927906115.333
楠本
晃希
592770949.259
岡崎
大輔
3931130428.419
隈本
達也
49341111764.324
山本
優也
693260232.188
高橋
哉貴
2928100445.357
清水
達也
4300000.000
瀧口
4300003.000
佐藤
優翔
1100010.000
富永
11101001.000

紫苑
1100000.000
西川
愛也
3620301.333
岩瀬
誠良
11100001.000
篠田
健太
4000000
大林
和生
2200000.000

 

最後に

花咲徳栄高校は高い守備力にも定評があり、秋の公式戦9試合でエラーはわずかに6。

堅守でエースを盛り立て、しぶとくつなぐ攻撃で粘り強く得点をもぎ取っていくスタイルです。

しかし、昨年の秋以降は打撃強化の練習に力を入れているので、選抜ではまた違った展開が見れるかもしれません!

 

昨年の夏に続いて春も連続出場はチーム初!

ぜひ昨年の夏のベスト8よりも上を目指して頑張ってもらいたいですね。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ