2016年春の選抜甲子園!四国地区出場校予想!神宮枠はどこだ?

今回は、今熱い四国地区の第88回選抜甲子園大会の出場校予想です!

 

2015年は高松商業が明治神宮大会でも優勝!公立の雄となり明治神宮枠を四国に持ち帰りました。

一般選考枠で2校。さらに明治神宮枠でプラス1校。3校の出場は確実です。

さらに中国地区との比較によっては4校めもありえますし、21世紀枠もありえます!

 

もしかしたら2016年は四国が活躍するビッグチャンスかもしれません。それでは当確校と有力校についてお伝えします!

スポンサーリンク


当確1. 高松商業が26年ぶりの優勝で古豪完全復活!!

まずは、2015年の秋季大会の優勝校は、明治神宮大会でも優勝を飾った勢いにのる

 

高松商業です!

 

古豪完全復活というに相応しい強さで四国大会をしっかりと勝ち上がり、実に20年ぶり26回目の選抜出場を確実なものにしました!

【高松商業・四国大会の戦績】


一回戦 対 池田 6対3

2回戦 対 今治西 9対7

準決勝 対 済美 6対5

決勝 対 明徳義塾 6対1


今季の高松商業にはスター選手がそろっています!
  • 中学時代にジュニアオリンピック短距離走に出場の安西
  • 全日本少年軟式野球大会・全国中学校体育大会に出場の大熊
チームとしても半分が旧チームからのレギュラーで経験も積んできています。

エースの浦も県大会では36回を投げ失点7、防御率は1.25という安定した成績を残しており自信を持って甲子園に乗り込むことができるでしょう!

明治神宮大会に続いて選抜も制覇することができるか注目です!

 

【高松商業の注目選手!打ってよし!投げてよし!の美濃】



 

当確2. 鬼門の準決勝を乗り越え名門・明徳も2年ぶりに選抜へ!

選抜を確実にした2校目は甲子園の常連校・明徳義塾です。

ここ2年はベスト4を勝ち上がることが出来ずに悔しい思いをしてきただけに、3度めの正直での選抜出場となります。

明徳義塾は昨年秋は打撃が好調!

初戦で、U15日本代表も経験した1年生・西浦の3ランを皮切りに5番の平石も130メートル級の本塁打と続き、4番の古賀も準決勝では粘り強くサヨナラ打を放つなど中軸の長打力と粘り強さには要注目です!

【明徳義塾・四国大会の戦績】


2回戦 対 新田 5対4

準決勝 対 土佐 4対3

決勝 対 高松商業 6対1


秋には調子の上がらなかったエース・中野がどのように調整してくるかが甲子園での勝利に大きく影響しそうです!

 

神宮枠?中国四国枠?争うベスト4

そして、最後に神宮枠を争うベスト4のご紹介。

 

今回のベスト4には


優勝した高松商業に1点差で惜敗した済美

準優勝の明徳に延長10回まで食らいついた土佐


がおり、どちらも実力伯仲。

ベスト4の4校でもう一度戦ったら全く違う結果になってもおかしくないくらいです。

 

ここで優勢なのは、高松商業に善戦した済美が明治神宮枠に収まる可能性が高いのではないでしょうか?

あなたはどう予想しますか?

 

出場校の発表は1月29日です!


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ