おしゃれなクリスマスカードを作るコツは?素材はなにがおすすめ?

 

今回は、”クリスマスカードを120%オシャレに作るコツ”をご紹介したいと思います。

 

クリスマスカードをオリジナルでおしゃれに作るならば、素材にこだわりましょう!

 

パソコンで作るのであれば、自由に素材は用意できますが、パソコンを使わないカード作りは、パソコンでは実現不可能なパーツを使っていきましょう。

例えばですが、クリスマスにちなんだ素材を探していきましょう。

 

スポンサーリンク


手作りするならリアル感を出せる素材を探そう!

クリスマスといえば、雪をイメージしちゃいますが、雪を連想させる白い綿(わた)を、クリスマスカードにつけたり、サンタクロースのイラストを書いて、おひげの部分に綿をつけちゃえば、立体感の生まれるサンタクロースの出来上がります!

 

パソコンで作るクリスマスカードは、自由度が高く様々な素材があり便利ですが、こういったリアル感を出すことは無理なので、楽しめますよね。

 

綿はあまりお店には売っていないのでネットでの購入もしくは、手芸店のような場所で手に入れましょう!

 



 

雪を連想させる、キラキラとしてビーズなどをパーツとして、クリスマスカードにデコレーションしていくとキレイで見た目も華やかになりますね!

普通は雪といえば、白もしくは灰色っぽいカラーですが、ちょっと遊び心をだして、カラフルな雪をパーツで表現してみるのもきれいになって楽しい雰囲気になりそうです!

現実ではありえないですが、レインボーカラースノーだったり、クリスマスカラーの赤色と緑色をあわせてみたり・・・あなたのセンスが問われますが、挑戦してみるのもいいかなとおもいます(^^)

クリスマスカードを買ってきて、そのままメッセージを書くだけでも充分ですが、デコレーションすることにより、受け取った相手が更に喜んでくれる可能性が高くなりますよね!

 

ビーズ

 

クリスマスカードをオシャレにするなら、過度は飾りつけはNG

クリスマスカードのデコレーションに夢中になってしまい、我を忘れてド派手にデコってしまわぬように、注意しましょう!

クリスマス感を出しすぎて、ド派手になるとせっかくの個々の素材が目立たなくなってしまいます。

真っ暗な夜の街角に、デコレーションされた木々が立ち並ぶからキレイなのであって、仮に街中がすべてデコレーションしてあると、デコレーションされた木々なんて、目立つことはなくなりますよね。

あえて飾り付けを少なくして、目立たせたい箇所を強調するのもいいかな?って思いますよ!

 

クリスマスメッセージカード

 

肝心のメッセージ内容はどうする?

クリスマスカードの目的は、クリスマスを祝って送られるメッセージカードです。

中身は、年賀状とおなじように、相手を思って感謝や気持ちを伝えるものです。

内容に迷ったあときは、クリスマスカードを贈る相手に伝えたい気持ちをサラッと書くのがおすすめです!

長々しく恋文のように、書いちゃうのは読む方も面倒になるので、なるべく短くスラっと書いちゃいましょう!

すべて同じ内容を書いてしまうのは素っ気ないので、


友達には、「ありがとうを伝える!」

家族には、「普段の感謝を言葉にする」

目上の人には、「これからもよろしくお願いします」

好きな人には、「今度遊ぼうね!」


上のような感じで、クリスマスカードを書く人に向けてなにか1つテーマを決めて書けば楽ちんです。

難しく考えずに、1テーマでサラッと書いちゃいましょう!

 

クリスマスカードを渡す日は、クリスマス・イブもしくはクリスマスです。クリスマスの25日が過ぎてからもらう、クリスマスカードはなんだか季節外れ感がつよく出ちゃうので、ちゃんとタイミングを見計らって渡してくださいね!

 

素晴らしいクリスマスを!!!!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ