クリスマスは食べ過ぎでの体重増加に注意!カロリーが高い食事は?

 

クリスマスは冬太りの原因になる?

 

クリスマスは浮かれてしまいがちですよね。

 

ついつい楽しさばかり優先してしまうと、好きなものばかり食べてしまい、気がつかぬ内に3キロ太ってしまった(^_^;)

こんなことにならないように、しっかり気を引き締めておくべきなのです!

 

そこでおすすめしたいのが、太りやすい食べ物はなるべく量を調節して食べることです。

 

見た目はかわいいケーキやアイスクリームも中身は、カロリーの宝庫になっているので、今回ご紹介する内容をみて、しっかりと勉強しておきましょう!!

 

スポンサーリンク


知らなきゃ損!以上に高いカロリーフード

クリスマスマスといえばケーキを食べることが多いですよね。世界的にみると、それほどクリスマスとケーキは関係性はないのですが、日本ではケーキを食べる習慣が根付いています。日本独特の文化でもありますね。

 

定番であるショートケーキのカロリーはどのくらいか知っていますか?

 

なんと!100グラムあたり350キロカロリーもあるのです。

平均的な1人分のショートケーキは200グラム前後になるので、少なくともカロリーは600~700カロリーくらい摂取している計算になります(^_^;)

 

ショートケーキ

 

例えば、クリスマスに浮かれてショートケーキを2人~3人分食べてしまえば、軽く1000キロカロリー以上を摂取している計算となるので、これだけで一日の平均摂取カロリーの7割程度を保管していることになります(汗)

 

成人は1日の摂取カロリーが1500~2000程度が目安となるので、ケーキと食事を合わせてしまうと、2日分くらい栄養を摂取している可能性があるので注意してください!

 

ショートケーキよりも高い、チョコレートケーキ!

チョコレートケーキはショートケーキよりも2割~3割程度カロリーが高いので、注意してください!

 

普通に考えると、ショートケーキやチーズケーキのほうがカロリーが高そうですが、一番手ごわいのはチョコケーキなので、食べ過ぎに注意です(^_^;)

 

チョコレートケーキ

 

ピザのカロリーは桁違い

クリスマスにピザを食べる人も多いと思います。

 

ピザは想像以上にカロリーが高いので要注意フードです!

 

塩分や糖分も多く含んでいるので、カロリー面だけではなく、その他の栄養分の過剰摂取にも注意してください。

大手のピザショップのウェブサイトにはカロリー表示していますが、平均的なMサイズのピザでも2000キロカロリーを越す商品が多いので、うっかり食べ過ぎると、翌日に悪影響がでます。

 

ピザに乗っているチーズは基本的にカロリーが高いので、野菜が多めのピザでもチーズが含まれていると自然と高くなります・・・

 

Mサイズといえども、1人で食べるものではないということが数値からもわかるのではないでしょうか・・・

みんなでわけあって食べるのが楽しいですし、カロリーの摂取量としてもいいわけですね(^_^;)

 

ピザ

 

クリスマスからお正月の流れは冬太りの原因です

クリスマスが終われば1週間ほどでお正月になります。

このイベントの移り変わりが体重増加の原因となります(笑)

 

冬場は基本的に活動量が減っていくので、カロリー消費をするチャンスが自然と少なくなります。

 

クリスマスにたっぷり食事をして、そのままお正月を迎えてしまうのはキケンです。

 

お正月も寝正月になったり、おせちやお餅を食べ過ぎて、ブクブク太るケースが想定されます(^_^;)

 

ダイエット

 

太ってから痩せるよりも、食べる量を減らして、事前に食事量を調節することがなによりも重要なことです。

 

1時間や2時間必死になって歩くよりも、1日500キロカロリーを制限したほうが、ダイエット効果は高いです。

 

空腹に負けて、お腹に脂肪をつけるか、節制をして、健康的な身体をキープするかはあなたの意思にかかってきますので、油断しないようにクリスマスを過ごしてくださいね(^○^)

 

日本の年末年始はキビシイ!!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ