オーストラリアのクリスマスはどんな習慣がある?真夏のクリスマス!

オーストラリアのクリスマスは日本とどのように違う?!

 

オーストラリアといえば、カンガルーやコアラのイメージがありますよね。

日本人にとって海外旅行の定番国でもあります。

実は日本のクリスマスとオーストラリアのクリスマスは笑っちゃうほど違います。

日本などでは冬ですが、オーストラリアでは真夏です。

 

スポンサーリンク


真夏のクリスマスはどんなだ!?

さて、日本が冬の12月にオーストラリアが夏であるということを知っている人は多いと思います(^^)

 

ちなみになぜかといいますと、冬にクリスマスがある日本などは北半球(地球の上半分)に位置しています。しかしオーストラリアやニュージーランドやブラジルなどは南半球に位置しているので、12月は真夏真っ盛りなのです!

 

となると、真夏にクリスマスなんかやらないだろうと思われがちですが、オーストラリアでもしっかりとクリスマスが行われています!

 

クリスマスサンタ

 

日本のクリスマスといえば、クリスマスケーキを食べて、クリスマスプレゼントをサンタクロースからもらい、雪遊びなどしますよね?

外は寒いですが、家の中は煖房であたたかく、料理も温かいシチューなどが食べられています(^^)

 

反対にオーストラリアのクリスマスでは、チキンを食べたり、雪遊びなどはできないため海辺でシーフードバーベキューをするのが定番だそうです。

もう、何もかもが違いすぎて笑っちゃいそうですが、オーストラリアでは普通のことなので、むしろクリスマスに雪が降っている日本のほうがおかしいイメージがあるのではないでしょうか!?

 

バーベキュー

 

オーストラリアのサンタクロースは半袖短パン!

オーストラリアにも、クリスマスグッズなどが販売されているみたいです。

面白いことに、サンタクロースの格好がほとんど半袖短パンだそうです(笑)

やはり真夏のクリスマスということで、長袖になることはないみたいですね・・・

 

オーストラリアの真冬は5月~7月あたりだそうですが、日本の冬のように氷点下になることもなく、雪もそれほど降らないそうです。雪質が悪いため、積もってもびちゃびちゃになることが多いので、北半球の国のような、雪遊びなどは難しいそうです。

 

国の位置が違うだけで、これほどまでに習慣や常識が変化するのは面白いですよね!

 

【オーストラリア・メルボルンのクリスマスの街!】



 

オーストラリアではクリスマスは人気のない行事!?

やはり季節が違い、まったく雪も降らないのでオーストラリアに住んでいる人たちは、あまりクリスマスに関心が薄いようです。

 

映画などではクリスマスを味わうこともあるそうですが、北半球の国に比べるとやはりちょっとばかり関心が薄いみたいですね。

 

日本も真夏にクリスマスがある国だとしたら、クリスマスなんかよりも海で泳いだり、山でバーベキューをしたほうが楽しいですよね。

きっとクリスマスよりもその他の行事に興味や関心が乗り移ってしまいそうですね!

 

サーフィン

 

クリスマスをしない国ってあるのか?

オーストラリアよりも、クリスマスに縁の薄い国はまだあります。

それは、イスラム圏です。イスラム諸国では他の宗教にあたるため、クリスマスはほとんど認知されてはいません。

 

イスラム教中心の国は当然イスラム教を大切にしています。ですからキリスト教徒のお祭りを楽しむなんておかしな話ですよね?

イスラム諸国では、雪も降らないのでもともと宗教など関係なくクリスマスには縁の薄い国ですね。

 

日本は無宗教ですが、外国の文化を自由に楽しめる国でよかったとおもいます。

宗教的な関係で楽しめないイベントが増えるなんてちょっと残念ですよね・・・

 

私たちにとってのクリスマスと、オーストラリアやその他周辺の国では習慣がまるっきり違うので、面白いですよね(^^)

きっとオーストラリアには日本人が知らない楽しいイベントがあるのかもしれないですね!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ