ハロウィンに女子会をするならどんな仮装がおすすめ?差別化のコツは?

 

今回はハロウィン女子会におすすめのコスプレをご紹介します!

 

友達とクオリティで差をつけるためのコツや、どこでコスプレアイテムを購入すればいいかなど
気になる点はすべてご紹介していきます。

 

一年に一度のハロウィンを楽しまないなんて損です!

 

スポンサーリンク


ハロウィンの定番コスプレは魔女・お化け・悪魔

 

ハロウィンといえば、定番コスプレはこの3つです。

 
  • 魔女
  • お化け
  • 悪魔
 

やはりハロウィンは魔除けのイベントだったのでこの3つは大いに関係してきます。

ハロウィンの起源について知らない方のために、ちょっとだけ説明をさせていただきます。

ハロウィンの由来となっているのは今から1000年以上も前に存在していたケルト人という民族の文化がはじまりです。

このケルト民族が一年の終わりに収穫を神様に感謝をして、魔除けをしていた行事が現代のハロウィンになったと言われております。
(ケルト民族が生活していた地域はヨーロッパだと言われています。)

現代では、カボチャに火を灯しているランタン(ジャック・オ・ランタン)が有名ですが、元々はカブが使われていたそうです。
カボチャが使われ始めたのは、アメリカにハロウィン文化がうつったためだと言われいます。

アメリカにカブはあまり出回っておらず、身近にあったカボチャが適切なサイズだったために、現代ではカボチャのお化けがメジャーになっています。

ハロウィンのはじまりは、ヨーロッパですが、現代のハロウィンはアメリカが作ったと言っても過言ではありません^^

やや説明が長くなってしまったので、元のコスプレの話題にもどります。

 

日本の仮装はハロウィンに関係ないものが多い

メジャーなコスプレは、魔女・お化け・悪魔ですが、日本のハロウィン女子会では、あまりこだわる必要性はありません。

なぜかといいますと、日本ではハロウィンという文化自体あまり関心をもっているわけではないですし、そもそも由来について認知している人の割合が少ないです。

東京の街でハロウィン仮装をしている人をみても、ハロウィンとはコスプレに関係のないものが多いですよね。

アニメキャラクターだったり、話題になっている人物になりきった、お笑い芸人に変装していたりもうめちゃくちゃですよね(笑)

外国人にとって、日本人のハロウィンは常識がぶっ壊れているので見ていて新鮮でおもしろいですよ^^

女子会にどのようなコスプレで参加するか迷っているのであれば、自分が好きなキャラクターだったり、変装してみたいコスプレが一番なのではないでしょうか?

ハロウィンだからといって、絶対にこうしなくてはならないというルールはありません。

かわいい系のコスプレが好きなのであれば、思い切ってハロウィンとは一切関係のないようなディズニー系の衣装でも素敵ですよね(^^)

 

他人と被りたくないならメイクで差別化しよう

他人とコスプレが被るのが嫌だと言う人は、メイクで差別化してみましょう!

やはりメイクで見た目は大きく変わります。おなじ格好をしていても、メイクが本格的だとより一層怖みが増して夜の街では迫力がでます。

おすすめは、ゾンビ系メイクです。女性だけでなく、男性でもゾンビメイクは似合いますので一度試してみることをおすすめします。

 

衣装は手作りするよりも購入したほうがクオリティは高い

ズバリ、衣装は手作りするよりも購入したほうがクオリティが高いといえます。

やはり既成品はクオリティが高いです。値段が高ければ基本的にクオリティも増していきます。

クオリティ重視をする女性のかたは、手作りせずに既成品をネットで購入されてはいかがでしょうか?

Amazonや楽天は種類が豊富なのでおすすめですよ(^^)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ