ハロウィンの伝統お菓子や料理はどんなのがある?簡単に紹介!

 

今回はハロウィンの伝統料理をご紹介していきます!

 

日本に住んでいると、本場のハロウィンについてまったく触れ合う機会がありませんよね。

実際に、欧米や欧州でどのような伝統料理が作られているのかみていきましょう。

自宅で真似できるレシピばかりなので、ぜひ作ってくださいね!

 

スポンサーリンク


ハロウィンといえばパンプキンパイ!

やはりハロウィンといえば、カボチャですよね!カボチャを作った伝統料理はパンプキンパイです。

その名のとおり、パンプキンを使ったパイなのですが、これが意外と簡単に作れるのです。

パイといえば、本格的なオーブンだったり小難しい調味量がたくさん必要なイメージですが実際はホットケーキを作るような感覚で簡単につくることができます。

 

あまり知られていないキャラメルアップル

アメリカではパンプキンパイ以外に、キャラメルアップルといわれるお菓子も家庭で作られているそうです。

どのような食べ物かといいますと、見た目はりんごあめのようなものです。

りんご飴とは味が違いますが、キャラメルでりんごをコーティングしているので、とても甘くカロリーが高いお菓子です!

ロッキーマウンテンチョコレートファクトリーという全米ナンバーワンチョコレートブランドのお店でも販売されているほど、アメリカではかなりメジャーなお菓子だそうです。

ハロウィンのときには家庭で手作りされるそうですが、それ以外にも日常のお菓子として愛されているみたいです。

ちなみに手作りですと、味が安定しないことが多いそうです。結局はキャラメルとりんごの味になるので、バラバラに食べても良いレベルだそうです(笑)

先ほど紹介をしたパンプキンパイのほうが難易度が低く家庭でも簡単に作ることができますよ!

「小ネタ」

キャラメルアップルは、アメリカのスーパーやコンビニエンスストアでも秋のシーズンになると販売されているそうです。

 

日本のハロウィンで有名なお菓子はあるのか?

残念ながら日本のハロウィンで有名なお菓子はないようです。

それどころか、ハロウィン自体も浸透していないイベントですので、わざわざ家庭でお菓子をつくったりして楽しむ習慣もまだまだないですよね(^^:)

クリスマスはしっかりと根付いている文化なのですが、ハロウィンはまだまだこの先時間をかけて浸透していくようですね。

しかし家庭によってはハロウィンを子供と一緒に楽しむ習慣をもっていることもあるでしょうから、一概に日本にハロウィンはないとは言えないです。

最近の東京では、仮装パーティーが毎年開催されているのでどちらかといえば、子供よりも大人が主役となって楽しむイベントになっているようです!

 

ハロウィンを楽しむコツ!

ハロウィンを楽しむコツはズバリ、「こだわらないこと」です!

つまりは、難しいことは考えず形にとらわれずにハロウィンという1日を楽しむことが大切なのです。

クリスマスもケーキやプレゼントがないからといって、楽しめないわけではないですよね?

ハロウィンを家族で楽しむときは、一緒に手料理でもたべて家族みんなで映画でもみながらゆったり過ごすだけでも充分楽しめるとおもいますよ^^

無理をしてアメリカっぽさにこだわってしまうと難しくなるので、楽しめるのであればどのような形でも良いと思います!

ハロウィンについてもっと子供に教えてあげたい方は、絵本などがとても参考になりますよ!

小さな子供さんに読み聞かせする絵本には、子供でもわかりやすい言葉でハロウィンについて説明されているので、一緒に呼んであげるだけでも楽しいですよ^^


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ