ハロウィンのメッセージカードを手作りする時の3つのポイント!

ハロウィンで友達や親にメッセージカードを書くときのコツと方法を紹介していきます。

ちょっぴり工夫を凝らすだけで、クオリティの高いハロウィンメッセージカードを作ることができます。

お金をあまりかけず、素晴らしいものを作ることができるので真似してやってくださいね!

 

メッセージカードは市販されているものを購入しよう

最初にメッセージカードを用意する必要があります。

土台となる紙は、真っ白なプリントやルーズリーフに書くのではなく、しっかりとしたメッセージカードを購入しましょう。

メッセージカードは、本屋さんやネットで購入することができます。

お値段ですが、安いもので100円ほどです。お値段が高くなると800円程度になります。

高ければいい、安ければ悪いということはなく、目的に応じた好みのメッセージカードを用意することが大切です。

秋が近づくと、ハロウィン仕様のメッセージカードも売っていますので、良い物があれば選んでみてくださいね!

書店で購入するときは、ペンを何色が準備しておくと便利です。

黒いボールペン一色でメッセージを書くよりも、パープルやオレンジ色などのハロウィンっぽさを出してみるのもいいですよね。

自宅にカラーペンがないときは、数色ハロウィンカラーのペンを用意しておきましょう。

ペンは1本100円で購入できるタイプで構わないので、メッセージカードと合わせても、予算500円~1000円あれば足ります。

スポンサーリンク


シールや絵をかいてデコレーションしよう

メッセージカードを書くときは、文章内容が一番大切になります。しかし見た目もかなり重要です。

大切な手紙のように、何千文字も次から次へと書くわけではないの、シンプルな内容になることが多いです。

そうなると、少しでも見た目を可愛くハロウィンっぽくすることで、より相手がもらったときに嬉しい感情になるはずです。

デコレーションをするときは、シールまたは絵がおすすめです。

「絵が苦手だから書けない・・・」という人は、安心してください。そういった場合にはシールを数枚貼っておけば問題はありません。

絵をかくのが好きで、どれだけでも書けるのであれば、わざわざシールを買う必要はないです。

あなたがやりやすい手法を選んで、メッセージカードを彩ってあげてください!シールはおなじくネットもしくは書店で購入することができます。

時間がない人や、何枚も書かなければいけない人は、シールを購入して貼ったほうが楽かもしれません(^^)

 

ハロウィンのメッセージカードは何を書けばいいの?

肝心のメッセージカードの内容ですが、実はこれといってルールはありません。

お正月に書く、年賀状であればお世話になったお礼と今年の挨拶をするのが決まりですよね?

しかしハロウィンは挨拶でもありませんし、絶対に書かなくてはいけないという決まりもないです。

つまり、絶対に書かないとマナー違反になるフレーズもないのです。単純に相手に伝えたい思いと書きたいことを好きなだけかいておくべきです。

難しく考えてしまうと、緊張してなにもかけなくなってしまうのでリラックスして自由に書きましょう。

おすすめは、なるべく短く伝えたいことをシンプルに書くことです、あまりにもだらだらと書き連ねてしまえば、やや思い印象になりますよね?

「ハロウィンを楽しむぞ~~!!」 という軽い感じで楽しむことが一番です^^

ちなみに、ハロウィンカードを渡すタイミングですが、10月31日のハロウィン当日で問題はありません!年賀状のように事前に郵便ポストへ投函しておく必要もないので安心してくださいね(笑)

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ