ハロウィンにおすすめのお菓子は何?あの言葉の意味は?

ハロウィンに友人や家族にプレゼントするお菓子は一体なにがおすすめか?

今回はハロウィンに作ると喜ばれるメニューをご紹介します。

ハロウィンといえば、有名なお菓子がいくつもありますが作れそうなものがあれば、積極的に頑張ってみてください!

渡すときに使える言葉(フレーズ)も一緒に合わせて御覧ください^^

 

定番といえばクッキーとパンプキンパイ

やっぱりハロウィンといえば、クッキーとパンプキンパイです!

なぜ、パンプキン(かぼちゃ)がハロウィンのイメージなのかといいますと、それは「かぼちゃを使って魔除け」をしていたからです。

ハロウィンのはじまりでもある、ケルト民族の収穫祭ではかぼちゃを繰り抜いて中にろうそくを入れて魔除けに使っていたと言われております。

かぼちゃを使っていた理由としては、深い理由はなくろうそくを入れるのにちょうどいいサイズだったらかと考えられています。

このことから、ハロウィンではかぼちゃ(パンプキン)に関連するグッズやお菓子が使われるようになったそうです!

もしもハロウィンでお菓子を手作りするときは、かぼちゃ味のクッキーやパイをつくれば喜ばれるかもしれません。雰囲気もでますしいかにもハロウィン!って感じですよね(^^)

クッキーもパイも自宅で作られるお菓子ですので、お菓子作り初心者の方でも簡単に作ることができますよ!ぜひ、おためし下さいね。

 

タルトとゼリーもおすすめ

ハロウィンお菓子といえば、クッキー・パイだけでなく、タルトやゼリーなども有名です。

タルトやゼリーもクッキーなどと同じように意外と簡単に作れちゃいます。

ネット上にたくさんのレシピが載っていますので、参考にしてみるのもおすすめです^^

お菓子を作るときは、一度に多くの量を作ることができるので友達にプレゼントするだけでなく、自分のためにも一緒に作っておけばいいですね。

 

手作りできないお菓子は市販のものを購入しよう

お菓子作りが苦手だったり、そもそも自分で作るという考えがない人には、市販のお菓子を購入することをおすすめします。

ハロウィンの知名度は年々上がっているので、毎年デパートだけでなくコンビニやネット通販などでも種類が豊富になっています。

あまり親しくない人ですと、いきなり手作りのお菓子を渡すのはマナー違反になりますので、市販のお菓子を購入してプレゼントするのもいいですね!

バレンタインチョコレートも手作りのものより、市販されているチョコレートをもらったほうが嬉しいという男性が多いという事実もあります。

つまり、無理をしてハロウィンだからといって手作りにこだわる必要はないということです^^

キャンディーは手作りするよりも、買ってしまったほうが安く味も安定しているので便利です。

 

お菓子を渡すときに言うフレーズってあるのか?

ハロウィンといえば、トリック・オア・トリート(お菓子をくれないとイタズラするぞ!)というフレーズが有名ですよね!

仮装した子供が大人にむかって使う言葉です。

残念ながら、ハロウィンのお菓子を渡すときに使う言葉はとくにないそうです。

必ずいう必要はないですが、「素敵なハロウィンを」という意味が込められている「Hope your Halloween is a Treat!」というフレーズを使ってみるとオシャレですね!

英語がわからない人からすれば意味がわからない可能性もありますが、プレゼントに一言添えておくだけで一気にかっこ良くなることは間違いありません(^^)


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ