ハロウィンのメイク!メンズ場合のコツと用意するものを紹介!

 

もうすぐ、ハロウィン!

 

女性だけでなく、男性もハロウィンメイクをして盛り上がりましょう!

ハロウィンメイクが女性だけの特権だとおもったら、大間違いです!

男性だって女子のようにメイクで簡単に変装することができます。

 

スポンサーリンク


準備するアイテムはたった3つだけ

 

ハロウィンメイクをやるときは、メイク道具が必要になります。

 

メイク道具といえば、高いイメージがありますが安心してください、100円均一へ行けば1つ100円で購入することができます(^^)

最近ではメイク道具も非常に安価な値段で手に入るようになったので、こういったときに便利ですよね!

 

準備していただくのは、

 

”アイシャドウ”・”ファンデーション”・”口紅”

 

です。

 

アイシャドウは数種類あると、ゾンビメイクなどがやりやすくなるので、ダーク系のカラーを何点か用意してください。

赤色、オレンジ色、紫色、青などはゾンビ系にも使えるのでおすすめです。

 

ファンデーションは種類にこだわらず、どのようなタイプでもOKです。

口紅は口に塗るのではなく、血を再現するために使います、血を再現するためには、なるべく濃い赤色が必要になります。

 

リアルに再現するのであれば、濃い目の赤と深めの赤色の2色準備してください、色合いが微妙ですと仕上がりの雰囲気が崩れてしまうことがあります。

 

実際にデパートなどでメイク道具を購入するのは勇気が必要ですが、100円均一であれば周りの目を気にすることなく気軽に買えますよね!

 

もしも100円ショップでも買うのが気まずいときは、ネットからの購入が便利です。

 

メイク

 

ゾンビメイクといえば、傷と血!

 

ゾンビメイクは傷と血が命です。

 

準備してもらったファンデーションで化粧をするための下地をつくります。

そこから、アイシャドウと口紅を使ってリアルな傷口を生み出していきます。

 

まずは口紅で血を演出します。腕にそのまま塗りたくってください。

後付はしないので、傷の大きさに合わせて一度で口紅を塗りましょう。

 

口紅

 

仕上げは、アイシャドウで傷を表現します。

見た目を傷にするためには、腕に塗った口紅の上からアイシャドウを重ねていきます。

 

驚くことに適当に重ねていくだけで、意外と本物っぽい傷ができます。

これは文章や動画では表現が難しいですが、自分で一度やってみるとすぐにコツをつかむことができるはずです。

 

練習は絶対に必要です!

 

ハロウィンメイクですが、必ず練習は行ってください。

 

YouTube動画で数多くの作品が出回っています。1からメイク術をレクチャーしてもらえる動画もありますが、本番ぶっつけでやると失敗します。

男性ですから、アイシャドウもファンデーションも使用経験はないとおもいます。

 

メイク

 

ハロウィンメイクを練習するときの目安ですが、最低でも3回は繰り返し練習してください。1日で3回やるよりも、3日間連続で3回練習したほうが上達します。

お風呂に入るまえにやれば、すぐに失敗しても流すことができるので私生活に悪影響を及ぼす心配はありません。

風呂場には鏡もありますので、家族に見られたくない人は、お風呂の中で練習してください(^^)

 

メイクだけじゃなく、衣装にもこだわろう

 

メイクだけでは物足りないので、しっかりとコスプレ衣装も準備しましょう。

顔や腕だけリアルなハロウィンメイクを施しても、私服だとちょっと雰囲気が出ないですよね??

 

こういうときは、あらかじめコスプレ衣装を買っておくことが重要です。

楽天やAmazonで購入すると大変便利です。品数も豊富なので、お好みにあったコスプレ衣装を探してくださいね!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ