ロタウイルスに感染すると便の色が変色するってホント?何色?

 

ロタウイルスに感染すると便の色が変色すると言われているが本当か?

 

自分の子どもが感染したときに的確に判断ができないと健康被害も出る可能性がありますよね。

 

知らないと怖いことはたくさんあります。

 

今回はロタウイルスと便についてご紹介していきます。

 

スポンサーリンク


ロタウイルスに感染すると便の色はどのような感じになる?

 

ロタウイルスに感染すると、便の色が白く変色します。

普段であれば、茶色がかった色合いですがロタウイルスに感染したときは白い下痢がでます。

 

いつもとは明らかに違う状態になりますので、はじめて見るときはビックリするでしょう。

(便の色は感染していたとしても、個人差があります)

 

ロタウイルスの特徴は、激しい下痢です。水様便がでますので一日に何度も苦しむことになります。

下痢ですので、いきなり出る可能性がありますのでお子さんのおむつなどをこまめに確認しておく必要があります。

 

腹痛

 

下痢になると3日~10日間程度症状がつづくことがあります。

中々治らない状態が続きますので、ろくに食欲もわかずに免疫力が更に低下することがあります。

下痢ですから激しい水分不足になることもあります。

 

必ず水分は20分に1度は補給しましょう。

 

お子さんへ水分をこまめに取らせてあげることがお母さんの役目です。

 

脱水症状になると血液がドロドロになり、身体へ負担をかけてしまうので、気を配っておかなければいけません。

 

 

 

ロタウイルスに感染するとどのような症状がでる?

主な症状としては、

 
  • 下痢
  • 頭痛
  • 吐き気・おう吐
  • 鼻水、痰、咳
 

これらの症状が出ます。3日間~10日間ほど続きますので日に日に体力が低下していきます。

ロタウイルスは小さな子どもだけでなく、大人でも感染します。

くしゃみや鼻水、おう吐や下痢などからウイルスが感染する可能性もありますので、常に消毒管理をしておくべきです。

 

あなたの手に付着したウイルスが家のそこら中に撒き散らしてしまう可能性もあるので注意してくださいね。

 

生後6ヶ月~2歳までロタウイルスに感染しやすいですが、それ以外の年齢でも感染することはありますので油断はできません。

 

赤ちゃん

 

ロタウイルスの潜伏期間と流行期はいつ?

 

ロタウイルスの流行期は1月~4月あたりまで続きます。

 

ノロウイルスやインフルエンザの流行期と被っているので、ロタウイルスだけでなく、その他の感染症を防ぐ努力もしておかなければいけないということです。

 

ロタウイルスの流行期が1月から4月までだからといって、12月や5月に感染しないというわけでなく、あくまでも、流行しているシーズンなので参考程度にとらえておくべきです。

 

感染しないためには冬がはじまるまえから予防するべきですね^^

 

ロタウイルスの潜伏期間は24時間~72時間です(1日~3日程度)

 

潜伏している状態では、症状を確認することができないので知らずに家族へ移してしまうこともあります。

実は、症状が発生するまえもかなり大切な時期だということです。うっかりしていると大人まで感染してしまうと大変ですよね(^_^;)

 

小さな子どもがロタウイルスに感染すると、重症化したり合併症を引き起こす可能性もありますので、治療中は絶対安静にして、回復にすべての時間を注ぐべきです。

 

看病をしているときは子どもの辛さを拭い去ることはできません。

しかし一緒にいてあげるだけでも、子どもの不安や痛みを和らげることができますのでお子さんへ気を使ってあげましょう。

 

お子さんにとってはお母さんとお父さんだけが頼りなので、しっかり側についてあげてくださいね。

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ