2015年夏の甲子園予選優勝予想!静岡大会は静岡高校に死角なし!?

 

今回は、選抜ベスト8に進出し注目度もアップしている静岡高校のある、静岡県の2015年夏の甲子園予選の優勝校予想です。

 

注目ポイントは、王者・静岡高校に一体どの高校が食い下がるのかという点!

 

静岡高校の独走を止めるチームは出てくるのか?

 

順当勝ちばかりではいかないのが高校野球の醍醐味!

春夏の戦績や戦力から、優勝争いに絡んでくると思われる高校をまとめました。

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園優勝予想!

本命

 

静岡

 

静岡県の優勝候補は、東海地区では泣く子も黙る静岡高校です。

もう、大本命と言ってもいいでしょう。強すぎます(汗)

 

静岡高校は、昨年の夏・秋・今年の春と静岡県だけでなく、東海地区(静岡・愛知・三重・岐阜)で負けなしの23連勝中!

完全に独走状態に入っています。

 

東海制覇は、秋50年ぶり、春56年ぶりと半世紀以上の時を経て、完全に静岡高校が覚醒しています。

 

近年では、東海最強のチームといえるのではないでしょうか?

 

投手陣は、春の選抜を経て更に成長。

2年生右腕・村木は安定感が向上し、左腕・村松も選抜大会で優勝した福井県の敦賀気比を相手に好投し自身をつけています。

 

打線は、クリーンナップに隙がないプロ注目の選手が目白押し。

内山・安本・堀内の中軸は、もとよりそれ以外の打撃陣もハイレベル。

今年の春は、クリーンナップが不振というマイナス要素がありながら、各県の強豪を撃破し続けた打線は脅威です。

 

もはや、視線は甲子園を見据えているか?

怪我なく、のびのび実力を発揮して欲しい!

 

対抗1

 

東海大翔洋

 

無敵の静岡に挑まんとするチームの筆頭は春の県大会で準優勝の東海大翔洋です。

春は、3−12と静岡高校に完敗。夏のリベンジに燃えます!

 

春の決勝進出の原動力となったのは、エース勝又の成長です。

多彩な変化球を武器に、4試合を1人で投げ抜きスタミナも抜群です。

 

夏の過酷なマウンドでどこまで踏ん張れるか?

 

そのエースを助けるのが、身長が193センチとプロも注目の恵まれた身体を持つ2番手の大型右腕・杉山。

この杉山が、エース勝又の負担をどこまで軽減するべく奮起できるかがカギ。

 

投打の歯車が絡めばとてもおもしろい存在になるはず!

 

対抗2

 

藤枝明誠

 

続いての、注目校は藤枝明誠です。

藤枝明誠は、春の県大会ではベスト4でしたが、準決勝で王者・静岡に1−5と食い下がり善戦。

この夏の大会に更に、進化してくる事に期待が高まっています。

 

投手陣は、落合・久保山と左右の両腕が揃い、成長中。

打線も、中軸陣の勝負強さには期待できます!

 

春から夏までの短い間でも、化けてしまうのが高校生!

藤枝明誠の進化にも要注目です!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ