2015年夏の甲子園予選優勝予想!山梨大会は東海大甲府を軸に私立肉薄!

 

2015年も夏の甲子園をかけた熱い県予選が開幕です!

 

今回は、山梨県予選の優勝校予想をしてみたいと思います。

 

近年の山梨県は、私立の強豪が常に実力伯仲の熱い展開が、毎年繰り広げられています。

秋や春の県大会のベスト8以上の高校を見ても、やはり圧倒的に私立校が名を連ねています。

 

公立校の躍進にも期待ですが、果たして今年の山梨県大会はどのようになるのか楽しみですね!

それでは、優勝候補について注目校をお伝えします!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想!

本命

 

東海大甲府

 

優勝候補の大本命にあげられるのは、昨年の夏を皮切りに秋、春と3季連続で山梨県を制覇中の、東海大甲府です!

いや~、北海道の東海大四高、神奈川の東海大相模などやっぱり東海大勢は強いですね(^_^;)

 

東海大甲府は、この夏は”2年連続”をかけて大会に望みます。

 

投手の柱は、県内トップクラス、期待の2年生エース・菊池!

最速145キロの速球に加え、縦、横のスライダー、カーブ、さらにはカットボールと多彩な変化球を操る好投手です。

昨年は、ベンチ入りしながらも、甲子園での登板機会がなかっただけに、甲子園のマウンドへのこだわりは強いはず!

 

チームを、自分の手で甲子園へ導くことはできるか?

 

そして、その投手陣を援護する打線も強力。

4番・平井を中心としながらも、どこからでも出塁、得点できるのが強み。

俊足の高部、萩原の出塁があると、得点への期待度もグッと高まります!

 

対抗1

 

帝京三高

 

優勢な東海大甲府を、僅差で追うのが帝京三高です。

エースは1年生の秋からマウンドを守り続けてきた、茶谷。最後の夏を前に、急成長を見せ東海大甲府の菊池と方を並べる好投手に!

 

制球力が高く、MAX145キロの速球に、スライダーとカーブも織り交ぜることで、空振りを取れるのが魅力。

痛快なピッチングです。

 

また、2番手の中尾も成長し、四死球が少なく、ゲームを作れる投手。

 

2枚看板が揃った帝京三高の守りは堅いです。

また、こちらも打線が強力。

春の県大会でのチーム打率は.392と4割迫る高打率を誇り、関東大会でも存在感を魅せつけました。

1番のキャプテン・山本、9番の菅沼と前にも後ろにも4割打者がいるのは怖い!

 

対抗2

 

日本航空学園

 

そして、秋・春ベスト4にしっかりとコマを進めている、日本航空学園にも注目!

2013年、2014年と決勝で敗退しているだけに、3年生の甲子園への思いは並々ならぬ物があります。

 

エース片岡は、MAX143キロと県トップクラスの速球を持ち、さらに、低めに球を集められる安定した制球力も合わせ持っています。

春の県大会では、21回と2/3を投げ被安打はわずかに6!

防御率は0.42と好成績を残しています。

 

7年ぶりの甲子園はエース片岡のスタミナ次第か?

 

ダークホース

 

甲府工業・甲府商業

 

最後に、大会の台風の目になりそうなのが甲府工と甲府商です。

甲府工は昨年の秋ベスト4、今年の春は準優勝。

甲府商は、昨年の秋準優勝、今年の春はベスト8。

 

どちらも”公立校の雄”として甲子園を目指せる所に来ています。

 

甲府工は戦力も層が厚く、投手は土橋、清水の二枚看板で安定感もあり期待。

打線には脅威の7割打者清水を擁し、好調をキープ!

 

投打が噛み合えばとてもこわい存在です。

 

甲府商は、主砲の水上ら打撃陣がどれだけ奮起し、投手陣を援護できるかがカギ!

左腕・山本、右サイドの横手ら投手陣の粘りにも期待したいところです。

 

私立校が強いのは当たり前!ぜひ、公立校の意地を見せて欲しい!!

 

出場校決定!

 

東海大甲府
  • 私立 2年連続13度目
本命的中!

春3度、夏13度、合計16回の出場回数になります。

 

東海大旋風を巻き起こせるか??

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ