2015年夏の甲子園予選優勝予想!石川大会に今年もドラマは起こる?

 

今回は、2015年夏の甲子園予選の石川県大会について優勝校予想してみたいと思います。

 

夏の石川県大会といえば、2014年の星稜の奇跡・小松大谷の悲劇の甲子園以上の劇的な展開の試合が記憶にあたらしいところだと思います。

 



 

昨年の決勝の9回の大逆転劇は、何回見ても、高校野球の面白さ、怖さを感じますよね。

 

今年も、そのドラマに迫るものは生まれるのでしょうか?

 

強豪校の実力も拮抗しているだけに、高校野球ファンとしては見逃せない県であると思います。

強豪校は、お馴染みの常連校ですが、大金星がうまれるかもしれせん!

今回は、大穴は狙わずに、春までの成績などを参考に、堅い予想をしてみました(笑)

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想!

本命

 

遊学館

 

石川県の優勝候補の一番手は、春の県大会の優勝校である”遊学館高校”です。

遊学館は、近年の石川県の甲子園常連校の一角を絞める強豪校。まさに堅い予想です(笑)

 

3年ぶりの甲子園を目指す遊学館ですが今年のチームはバランスよく仕上がっている模様。

 

投手陣は、完投能力の高い2枚看板。

どちらも右投げの本格派投手で、昨年の夏も経験している投手陣です。

守備陣も広橋、内潟、松田と内外やに渡って、能力の高い選手が揃っており固い守備で投手陣を盛り立てます。

 

打線も高い攻撃力を有しており、その打線の中心になるのは主砲の高本。

広角に打てる高い打撃技術を持っています。春の県大会では、3本のホームランを放ち、調子はアゲアゲです!

 

対抗1

 

金沢

 

遊学館を射程圏内に捉えているのが”金沢高校”です。

春の県大会では、決勝で遊学館に1−3と惜敗。守備の乱れがなければ、遊学館を退けてもおかしくないポテンシャルを十分に持っていました。

夏の反攻に期待が持てます!

 

投手陣は県内ナンバーワンとの呼び声も高いエース竹田が中心。

MAX143キロのストレートと、キレの良い2種類のスライダーで打者を翻弄します。
昨年からエースとして、経験を積んでおり、この夏集大成として甲子園出場に意気込まないわけがありません!

 

打撃陣は、中軸の長打力に期待!

3番・岩井、4番・中川の二人は春の県大会では、それぞれ2本ずつのホームランを放っています。

 

地に足をつけた野球ができれば、4年ぶりの甲子園がぐっと近づいてきます!

 

対抗2

 

星稜

 

そして、期待も込めて推したいのが、やっぱり星稜高校

石川と言ったら星稜です!!

 

星稜高校は、この春の県大会では、打線が振るわずまさかの初戦敗退となっていますが、昨年の奇跡を経験し、甲子園でも3回戦まで勝ち進んだメンバーが、エース谷川を始め多く残ります。

経験値で言えば、県内ナンバーワンですから怖い存在であることには変わりありません。

 

夏の大会は、ノーシードからの挑戦になりますが、3年連続の甲子園をかけて、王者の意地を見せたい所!

 

出場校決定!

 

遊学館
  • 3年ぶり6度目
本命的中!

今年の石川大会は、小松大谷が星稜を破り昨年のリベンジを果たすなど見どころが多かったですが、頂点に上り詰めたのは遊学館高校でした!

 

注目選手は、強肩強打のキャッチャー高本!

甲子園での活躍に期待です(^^)

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ