2015年夏の甲子園予選優勝予想!三重大会はいなべ総合ががぜん有利?

 

今回は、2015年夏の甲子園の三重県予選の優勝校を予想したいと思います。

 

昨年の夏の甲子園では、三重高校が準優勝と甲子園を盛り上げましたね!

今年も三重県勢の活躍に期待です!

 

三重高校の夏3連覇はなるのかも注目のポイントですが、今年の三重県大会は実力が拮抗!

ファンにとってはとてもおもしろい展開が期待できそうですよ!

 

昨年の秋から、今年の春にかけてのベスト8以上のチームを見ても結構入れ替わっていますからね(^^)

ということで、優勝候補をズバリまとめてみました!

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想

本命

 

いなべ総合

 

三重県の優勝候補の大本命は秋・春県大会を2季連続優勝中のいなべ総合学園高校です!

春は県大会も危なげなく勝ち上がり、続く東海大会でも決勝進出と安定した強さを発揮しています。

 

戦力的にも投打ともにバランスがとれています。

 

エース左腕はMAX130キロ前後ながら伸びの良い速球が武器で、体感速度はそれ以上!

昨年の秋の東海大会では、岐阜県の県岐阜商のドラフト候補投手・高橋と投げ合い、勝るとも劣らないピッチングを披露しています。

 

選抜への切符は惜しくも逃しましたが、ぜひ甲子園で見たいピッチャーの1人です。

また、後続には140キロ左腕の祝も控えており、スタミナも十分!心強い存在です。

 

打線は、機動力も使える粘り強いものです。

一番の主将・市川から伊藤・秦・川瀬と中軸陣も勝負強いバッターが揃っています!

 

秋春無敗のいなべ総合。夏も無敗を貫けるか楽しみです!

 

対抗1

 

菰野(こもの)

 

いなべ総合の勢いで食い下がりそう、面白くしそうなチームが昨年、一昨年と2年連続で夏決勝進出中の菰野(こもの)です。

秋・春の県大会でもしっかりとベスト8入りしており、夏の躍進に期待できます!

 

春までは不振に悩んでいた、MAX147キロのエースで4番の山田が復活の兆しを見せてきているので投打にわたっての活躍に期待です。

また、その他の投手陣も、球の伸びのよい永田、182センチの長身から140キロの速球を投げ下ろす横井も調子は上向き。

3枚看板が仕上がれば、並み居る強豪の撃破の為の守りは整います!

 

昨年の夏のスタメンが8人残った経験のあるメンバーが揃うチームです。

自然と夏にはアドレナリンが吹き出すのでは!?

 

対抗2

 

三重

 

対抗校の2校目は、昨年の王者・三重高校です。

 

三重は、昨年の夏の準優勝メンバーは甲子園でホームランを放った山井のみと、ガラッとメンバーが入れ替わっています。

昨年の秋から、”まずはチーム作り”とその名前は一時上位にありませんでしたが、今年の春にはベスト4入りと順調に仕上がってきています。

 

投手陣の成長は著しいものがあり、夏に十分期待できる所まで来ています。

 

エースの中津は球速がMAX145キロに到達!

練習試合でも、強豪校を相手に好投を見せています。

 

また、安定感のある、三輪、2年生投手の斉藤も「昨年以上の投手陣」と監督の”お墨付き”を貰う所まで来ています(^^)

打線は、4番の山井の中軸は、昨年のチームに勝るとも劣らない打力を誇り、最後の巻き返しに期待が持てます!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ