2015年夏の甲子園予選優勝予想!長野大会は実力伯仲で面白い!

 

今回は、2015年夏の甲子園予選の長野大会について占ってみたいと思います。

 

長野県は、公立高校も私立高校もそこまで大きな力の差が無いのが特徴です。

つまり、混戦になりやすいという県なんです。

 

春の県大会のベスト4以上のチームが中心となる展開になるでしょうし、ベスト4以上のチームにはどこにでも甲子園へのチャンスがあると言えます(^^)

 

今回は、長野県大会について戦力と過去の戦績を加味して優勝に最も近い学校をまとめてみました!

 

スポンサーリンク


本命

 

佐久長聖

 

優勝候補の本命は、昨年の夏の甲子園出場こうである、佐久長聖です!今年は2連覇をかけて戦いに挑みます!

 

佐久長聖の戦績は、昨年の秋は県大会地区予選で敗退。夏の甲子園後の「新チーム立ち上げに出遅れたか?」と不安の声も聞かれました。

ですが、一冬かけてじっくりとチームを育成。元々能力のある選手が集まっていますから、今年の春の県大会は見事に優勝を果たしています!

 

気になる戦力ですが・・・

 

伝統の堅守を支える投手陣は4枚!

榎、北原、小平、小林の4投手の継投策が定番のスタイル。

夏の連戦には有利なスタイルと言えます。

 

また攻撃に関しては、長打は持ちろん、スクイズまで幅広い展開で攻めてきます!

打線の中心は、強肩キャッチャーの野口、甲子園経験者の4番・田辺、森井、マッカーシーとスラッガーが並びます。

 

また、1番の高田も地区予選から県大会本戦にかけて3試合連続ホームランをマーク。

春のチーム打率は.321と打線には隙がありません!

 

対抗1

 

上田西

 

佐久長聖に第二シードからにらみを効かせる存在が上田西です。

昨年秋はベスト4、今年の春の県大会は準優勝。

 

決勝で、佐久長聖に10−11と競り負けたものの、延長までもつれる接戦を演じた実力は確かのものです。

佐久長聖との戦力の差は”ほとんど無い”と言っても良いでしょう!

 

戦力としては、まずは投手陣。

 

2年生エース・右腕の草海はコントロール抜群で直球も130キロ台後半をマークしており安定感が最高。

地区予選では、佐久長聖や松商学園という強豪を退けたキーマンとなりました。

 

それに次ぐ右腕・荻原もMAX142キロのストレートを持つ心強い存在。

この2枚看板を軸に、守備は万全です。

 

攻撃陣も、3番三井、4番大藪と中軸の攻撃力は高く、佐久長聖との打撃戦を演じるだけの確かな物があります。

上位から、下位まで勝負強い好打者が並びます。

 

2年ぶりの甲子園出場はなるか!?

 

対抗2

 

松商学園

 

そして、忘れてはいけないのが、春の選抜出場校の名門・松商学園です。

今大会は第3シードを獲得しており、夏の甲子園は7年ぶりの出場を狙います!

 

松商学園の攻撃陣は、長打力がアップし得点力も向上。

選抜よりも、更に期待ができると言えます。

 

攻撃の切り込み隊長・百瀬は50メートルが5秒台という超俊足選手で、相手投手には怖い存在です。

その後に控える3番・船崎、4番・新倉には本塁打もあり警戒が必要!

 

選抜出場の攻撃力は伊達じゃありません!

 

投手陣はエース恩田を中心に、四球から崩れるなどの自滅がなければ、間違いなく優勝争いに絡んでくる力があります!

 

選抜の悔しさを夏に晴らすことはできるか??

 

出場校決定!

 

上田西
  • 私立 2年ぶり2度目
 

長野を制したのは、当記事で対抗にあげていた上田西でした(^^)

延長線を制しての甲子園への道を切り開きました!!

 

>>2015年夏の甲子園関連記事一覧はこちら!<<

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



コメントを残す

このページの先頭へ