2015年夏の甲子園予選優勝予想!滋賀県大会に絶対はない!?

 

今回は、滋賀県の2015年夏の甲子園(第97回全国高等学校野球選手権大会)予選の優勝校を予想してみたいと思います。

 

滋賀県といえば、「近江高校と北大津なんかが強い!」って思う方も多いのではないでしょか?

 

しかし、そんなことはありません!

 

近年は毎年代表校が入れ替わっており、毎年混戦なんです。

どこが勝つかわからないからこそ面白いのが高校野球ですが、自分なりにどこが勝つか予想してみるのもまた楽しいものです!

 

今回は、滋賀県の予選の優勝校を、過去の戦歴や戦力などからズバッと予想してみたいと思います(^^)

 

スポンサーリンク


2015年夏の甲子園予選優勝予想!

本命

 

近江

 

まずは、本命校です。なんのひねりもなくて面白くないかも知れませんが、やっぱり近江高校は強いんです(汗)

昨年の秋は優勝し、選抜へ出場。今年の春の県大会は準優勝ですが、ライバル北大津と延長までもつれ込んでの結果。

 

粘り強さがあるチームが、やはり夏に強い!

 

戦力も選抜を経て充実してきていますから夏に照準はしっかりと定まっています。

 

投手は、ドラフト候補の呼び声も高い、絶対的エース小川が中心。

直球はMAX145キロで、春夏の甲子園でいずれも完封勝ちを収めており、スピードだけでなく投球術、スタミナいずれも高校生としてはトップクラス。

滋賀県ではナンバーワンの投手と言っていいでしょう!

また、サラサル、京山の2番手、3番手投手陣も140キロを超える速球がうりです。

 

打線も、繋がりのある良い打線が揃っています。

1番・笹治は俊足巧打で、攻撃の切り込み隊長であり中心ともなります。

そこに続く中軸は、甲子園で4番を任された日比、長打力が魅力的な山本。

打線の爆発力はそこまで大きくはありませんが、粘り強さに期待です!

 

【好投!堅守!近江高校】


対抗1

 

北大津

 

近江高校のここの所の最強のライバルといえるのが、春の県大会優勝校の北大津です。

昨年の秋は、決勝で近江高校に敗れ、今年の春は、決勝で近江高校に勝つというまさにライバル校!

 

今年の決勝では、8−1と完勝し、近江高校を凌ぐ力をつけてきていると行ってもいいかもしれません。

 

北大津は投手層の厚さが特徴です。

草野・竹村の技巧派右腕にアンダースローの西村と打ちにくい投手が揃います。

 

打線も強力で、どこからでも得点につなげることができるのが魅力。

近畿大会では、京都府内で負けなしの龍谷大平安にコールド勝ちするなど、破壊力も抜群!

1番・野口と文字通り強打者の4番杉原には大きな期待がかかります(^^)!

 

対抗2

 

彦根東

 

さらに、優勝してもおかしくない高校をもう1校ご紹介!それが彦根東です。

 

彦根東は、近畿大会で大阪桐蔭を抑えたサイド右腕の佐々木に注目!

制球力がやや荒れ気味なのが、かえって打ちにくいという野性的なピッチングです(^^)

 

打線はチャンスに強いキャプテン篠原を中心に力があり、大阪桐蔭を撃破する力を持っています。

 

投打が噛み合えば、2年ぶりの甲子園も見えてきますよ!

 


スポンサーリンク

あわせて読みたい関連記事



このページの先頭へ